エラーメッセージへの対応

emath を含んだソースリストをタイプセットしたときに出るエラーの対応法をまとめます。
以下,エラーメッセージをアルファベット順に並べます。

! Argument of \@sect has an extra }.

  • \section コマンドの引数にコマンドを配置する場合,\protect をかぶせる必要がある,場合があります。

! Arithmetic overflow.

  • 数値計算がオーバーフローしました。
  • 0で割ったなどというのは論外です。
  • TeX は数値計算ソフトではありません。 128*128 でオーバーフローします。
  • 寸法レジスタへの代入は 16384pt(2^30 sp) でオーバーフローします:
       \@tempdima16384pt
  • zahyou環境内で発生する場合は,\unitlength を 1cm 程度に大きくするのが有力な対策です。
    (詳しくは,zahyou環境の注意事項をご覧ください)

! arydshln と hhline の併用は罫線の乱れを誘発します.

  • arydshln.sty と hhline.sty は併用できません。
  • arydshln.sty と emathT.sty を併用する場合は
      \usepackage[arydshln]{emathT}
    とします。この場合,hhline.sty はロードされません。
    詳細はarydshln-LO-Tのページをご覧ください。
  • 何らかの事情があって,arydshln, hhline, emathT を併用する場合は
      \usepackage[arydshln,hhline]{emathT}
    とします。ただし,罫線は乱れます。

! bekutorukata と esvect.sty の併用はしないほうがよい.

  • esvect.sty (EMesvect.sty) を使用する場合は,\bekutorukata は使えません。
  • zahyou環境などで鏃に窪みをつける場合は
      \def\ArrowHeadPit{.25}
    などと,\ArrowHeadPit を再定義します。
  • emathOld.sty と EMesvect.sty を併用することはできません。

! Command \..... already defined.

  • コマンド \..... の定義が二重になっています。
    そのコマンドを定義しているスタイルファイルのロード順を変更するのが一つの対策です。

! Dimension too large.

  • 数値計算がオーバーフローしました。
  • 0で割ったなどというのは論外です。
  • TeX は数値計算ソフトではありません。 128*128 でオーバーフローします。
  • 寸法レジスタへの代入は 16384pt(2^30 sp) でオーバーフローします:
       \@tempdima16384pt

! emathPp Error : Add --shell-escape option for latex.

  • Perl との連携機能が必要です。
    platex などに -shell-escape オプションを付加して起動します。
  • \usepackage{emathP} としていて,perl との連携機能を使わない場合は
       \usepackage[notPp]{emathP}
    とロードオプション [notPp] を付加すれば,とりあえず回避できます。
  • 詳しくはperlとの連携 をご覧ください。

! emathPp Error : Perl との連携ができていません。.

  • Perl との連携機能がインストールされていません。
  • 詳しくは,emath のドキュメント samplePp.pdf をご覧ください。

! emathPs.sty needs graphicx.sty.

  • emathPs.sty は,graphicx.sty を前提としています。
    emathパッケージのロードに先立って
      \usepackage{graphicx}
    を記述しておく必要があります。グラフィックドライバは,環境に応じて適宜指定します。

! emathPut : 方位の指定が異常です:[c].

  • \emathPut コマンドの簡易文字列配置指定において,使用可能な文字は
      e, w, s, n
    のみです。   c, l, r, t, b は,(0,0) など位置微調整ベクトルを前置しなければなりません。
    詳しくは,\emathPut の書式をご参照願います。

! emkasen.sty must be loaded before emathT.sty

  • \usepackage{emkasen}
    \usepackage{emathT}
    あるいは
    \usepackage{emkasen}
    \usepackage{emathP}
    としなければいけません。

! EMparbox needs varwidth.sty

  • \EMparbox コマンドは varwidth.sty を必要とします。
    プリアンブルに
      \usepackage{varwidth}
    を記述しておく必要があります。

! EMpsrectbox needs emathPb.sty.

  • EMpsrectbox環境は,emathPb.sty に下請けを出しています。
      \usepackage{emathPb}
    を記述しておく必要があります。

! EnkoToubun:arg6 doesn't much arg5.

\EnkoToubun コマンドにおいて
  Enko の分割数

  分点を取得する制御綴名の個数
との関係が不適切です。詳しくはEnkoToubun コマンドのページをご覧ください。

! File ended while scanning use of \.....

  • コマンド \..... において,`{' と `}' の対応がおかしい。

! Font ...... not loadable: Metric (TFM) file not found.

! HenKo needs color.sty.

  • \HenKo は,color.sty で定義されている \colorbox を用いますから,
    emathパッケージのロードに先立って
      \usepackage{color}
    を記述しておく必要があります。グラフィックドライバは環境に応じて適宜指定します。

! HenToubun:arg4 doesn't much arg3.

\HenToubun コマンドにおいて
  Hen の分割数

  分点を取得する制御綴名の個数
との関係が不適切です。詳しくはHenToubun コマンドのページをご覧ください。

! I can't write on file `.....

  • `..... の部分に示されたファイルを作成できない,というエラーです。
    `..... の部分にサブディレクトリが含まれている場合は,そのディレクトリが作成されていない,というケースが多いようです。
  • emath で,作業用ファイルをサブディレクトリに作成するコマンド \EMworkfiledir を用いている場合は,
    そのサブディレクトリをあらかじめ作成しておく手順を失念しているケースが多いようです。

! ignore option for emathAe.sty needs verbatim.sty.

  • emathAe.sty を読み込む前に,verbatim.sty を読み込んでおかねばなりません。

! Illegal ruby.sty

  • emathパッケージにとって,不都合な ruby.sty が読み込まれています。
    emathパッケージで想定している ruby.sty については,
    当サイトの目次
      emath に必要なスタイルファイルなど
    をご覧ください。

! Illegal unit of measure (pt inserted).

  • 単位つきの数値が期待されている場所に,
      無名数,TeXが認識しない単位名,あるいは数字ではなく文字列
    が現れました。
  • どんなものが現れたのかが,エラーメッセージ,次の行に示されています。
  • emath としてよくあるのは,エラーメッセージ次の行が
      <to be read again>
        e
    となっている場合です。
    これは perl を利用しての数値計算で戻り値が0に近い場合
      1.23456e-006
    などと指数形式で戻ってくる場合に発生します。戻り値のフォーマットを
      s ではなく f
    と指定することで回避できます。

! LaTeX Error: \begin{minipage} on input line .. ended by \end{verbatim}.

  • \begin と \end の対応が不正である,というメッセージですが,
    emath の場合,bs2yen.sty のバージョンが旧い場合にもこのエラーが発生します。

! LaTeX Error: Cannot determine size of graphic in ./******.e?.eps (no BoundingBox).

  • eps ファイルに Bounding Box が存在しない,というエラーです。
    emath で,pszahyou(*)環境を使用している場合は,
      当該ファイル(*****.e?.eps)
        (上のファイル名 ***** とか ? の部分は場面によって異なります)
    を一度削除した上で,タイプセットをやり直す必要があります。
    あるいは,emathPs.sty を debug オプションで読み込んで, 強制的に当該 EPS ファイルを作り直します。

! LaTeX Error: Environment.....

  • コマンド・環境が未定義です。
  • そのコマンド・環境が定義されているスタイルファイルをロードします。

! LaTeX Error: Environment clipLline undefined.

  • clipLline環境は emathPs.sty で定義されていますが, pszahyou(*)環境内でしか使うことは出来ません。

! LaTeX Error: Environment edaenumerate undefined.

  • edaenumerate環境は emathEy.sty で定義されています。
  • プリアンブルに \usepackage{emathEy} を附加します。

! LaTeX Error: Environment hyou undefined.

  • hyou環境は emathT.sty で定義されています。

! LaTeX Error: Environment jquote undefined.

  • jquote環境は jquote.sty で定義されています。

! LaTeX Error: Environment mawarikomi undefined.

  • mawarikomi環境は emathMw.sty で定義されています。
  • プリアンブルに \usepackage{emathMw} を附加します。

! LaTeX Error: Environment nidan undefined.

  • nidan環境は EMnidan.sty で定義されています。
  • プリアンブルに \usepackage{EMnidan} を附加します。

! LaTeX Error: Environment psZahyou undefined.

  • psZahyou環境は pszahyou.sty で定義されています。ただし,emathPk.sty も必要です。
  • emathPs.sty も必要ですから
      \usepackage{emathPk}
      \usepackage{emathPs}
    とすることになります(さらにこれに先立ち,graphicx.sty も必要です)。

! LaTeX Error: Environment rectbox undefined.

  • rectbox環境は emathPb.sty で定義されています。

! LaTeX Error: Environment zahyou undefined.

  • zahyou環境は emathPh.sty で定義されています。
  • プリアンブルに \usepackage{emathPh} を附加します。

! LaTeX Error: File `....sty' not found.

  • ....sty が見つからない,というエラーです。
  • スペルミスをチェックしましょう。
  • 環境によっては,大文字・小文字の別も問題となります。
  • 指摘されたスタイルファイルを追加します。 emath で必要とするスタイルファイルの目録・所在などはこちらをご覧ください。
  • 新しいスタイルファイルを追加したときは,環境によっては mktexlsr を実行する必要があります。
  • File `emath.sty' not found.
    というばあいは,emathのインストールをご覧ください。

! LaTeX Error: Float(s) lost.

  • フロート(figure環境,table環境,\marginpar,...)が,
    不適切な位置(minipage環境,\parbox, rectbox環境, ....)に配置されています。
  • \marginpar については,emathBk.sty で定義されている \MigiRangai で代用できる場合もあります。

! LaTeX Error: Illegal character in array arg.

array環境 もしくは tabular環境の欄指定子にデフォルト以外の文字が登場しています。
emath の場合,C, L, R 等を定義していますが,これを使用するには
  emathT.sty
をロードしておく必要があります。

! LaTeX Error: Missing \begin{document}.

  • \begin{document}より前に置くことが出来ない記述があります。
  • よくあるのは,全角の空白文字を配置したのが原因という場合です。

! LaTeX Error: No counter '.....' defined.

  • counter ..... が未定義です。
  • そのカウンタを定義しているスタイルファイルをロードする必要があります。

prglineno

  • emath パッケージで使用している program.sty は乙部氏の作になるものです。
    その中で定義されているカウンタに prglineno があります。
    このスタイルファイルは,乙部氏のホームページ
    http://argent.shinshu-u.ac.jp/otobe/tex/packages/package.html#クラスファイル配布
    にある explan.lzh に含まれています。

! LaTeX Error: Undefined color `lightgray'.

  • emathパッケージでは,lightgray という color を emathPh.sty で定義しています。
    emathPh.sty をロードしなければなりませんが,その前に color.sty をロードしておくことが前提です。

! maskAnstrue-option needs color.sty.

  • emathAe.sty に対するロードオプション maskAnstrue は,color.sty を前提とします。

! maskAnstrue-option needs graphicx.sty.

  • emathAe.sty に対するロードオプション maskAnstrue は,graphicx.sty を前提とします。

! mawarikomi環境はネストできません.

  • mawarikomi環境内に,さらに mawarikomi環境を配置することはできません。

! Missing = inserted for \ifnum.

  • \ifnum の書式は
      \ifunm 整数=...
      \ifunm 整数>...
      \ifunm 整数<...
    など,\ifnum には整数が続きます。ところが,その整数がくるべき場所に
      小数点を伴った数値
    あるいは
      単位を伴った数値
    が登場して,エラーとなるケースが多いようです。

! No room for a new \dimen .

  • tex では,
      \dimen レジスタは 255個まで
    という制約があり,それを超えてしまったというエラーです。
  • 使うスタイルファイルを少なくしたり,\dimen を通常の制御綴に転化したりして凌ぐこととなります。
    まずは,無用のスタイルをロードしないことから試みてください。
  • eTeX の場合は
      \usepackage{etex}
    が有効かも知れません。

! No room for a new \write .

  • tex では,
      \newwrite で使用可能なレジスタは 16個まで
    という制約があり,それを超えてしまったというエラーです。
  • 使うスタイルファイルを少なくしたり,ファイルハンドルを共有化したりして凌ぐこととなります。
    まずは,無用のスタイルをロードしないことから試みてください。

! Number too big.

  • tex で扱える整数カウンタの数値は 2147483647(0x7FFFFFFF) が上限です。

! Package calc Error: `\relax ' invalid at this point.

  • calc.sty のバージョンが古いからではないでしょうか。
    emath で想定しているものは
      Package: calc 2007/08/22 v4.3 Infix arithmetic (KKT,FJ)

! Package keyval Error: ....

  • "key=val" 形式でオプションを与えているとき,key が未定義です。
  • その key を定義しているスタイルファイルをロードします。
  • よくあるケースとして,key=val の val 部にコンマが含まれている場合です。
    val 部にコンマが含まれる場合は,val部全体を {.....} で括っておかねばなりません。
  • keyval.sty は,グラフィックスパッケージに含まれているものを想定しています。

! Package keyval Error: apnzahyou undefined.

  • 'apnzahyou' は,emathPsb.sty (v 0.10 以降) で定義されています。

! Package keyval Error: wa undefined.

  • 'wa' は EMxymatrix.sty で定義されています。
    プリアンブルに \usepackage{EMxymatrix} を付加します。

! Package keyval Error: ws undefined.

  • 'ws' は EMxymatrix.sty で定義されています。
    プリアンブルに \usepackage{EMxymatrix} を付加します。

! Package keyval Error: xscale undefined.

  • 'xscale' は,emathPxy.sty で定義されています。
    プリアンブルに \usepackage{emathPxy} を付加します。

! Package keyval Error: yscale undefined.

  • 'yscale' は,emathPxy.sty で定義されています。
    プリアンブルに \usepackage{emathPxy} を付加します。

! Perl が正しく実行されていません。.

  • perl の作業結果ファイルを読もうとしましたが,ファイルが存在しません。
    perl がエラー終了している可能性が大です。
    コマンドプロンプトで作業をしてみると,原因がわかるでしょう。

! Pgozyohou needs emathT.sty

  • <sityuu=..> オプションは,emathT.sty を必要とします。
    プリアンブルに \usepackage{emathT} を付加します。

! TeX capacity exceeded, sorry .....

! TeX capacity exceeded, sorry [hash size=.....].

  • emath のドキュメント sample.tex (sample.pdf)
      9 メモリ不足への対応
    をご覧ください。

! TeX capacity exceeded, sorry [main memory size=.....].

  • emath のドキュメント sample.tex (sample.pdf)
      9 メモリ不足への対応
    をご覧ください。

! TeX capacity exceeded, sorry [number of strings=10603].

  • emath のドキュメント sample.tex (sample.pdf)
      9 メモリ不足への対応
    をご覧ください。

! TeX capacity exceeded, sorry [pool size=.....].

  • emath のドキュメント sample.tex (sample.pdf)
      9 メモリ不足への対応
    をご覧ください。

! TeX capacity exceeded, sorry [save size=....].

  • emath のドキュメント sample.tex (sample.pdf)
      9 メモリ不足への対応
    をご覧ください。

! Undefined control sequence.

  • 上記メッセージの次の行の末尾が未定義と認定されたコマンドです。
  • スペルミスをチェックしましょう。
  • そのコマンドが定義されているスタイルファイルはロードされていますか。
  • 次の行の末尾のコマンドによる分類です:

\@iro

  • \@iro を用いるには,color.sty がロードされていることが前提です。

\abcandabcretu

  • \abcandabc は,LandLretu.sty で定義されています。

\arc

  • \arc は,eepic.sty で定義されている,円弧を描画するコマンドです。
    emath では,emathP*.sty で eepic をロードします(ロードオプション [notpic] をつけた場合を除く)。
    ただし,emathPs.sty は eepic をロードしません。どうしても必要なら,
      \usepackage[tpic]{emathPs}
    とロードオプションを付けます。
    このあたりの事情については,掲示板 No.2679 をご覧ください。

\bboxed

  • EMfbox.sty をロードしなければなりません。

\bekutorukata

  • bekutorukata.sty をロードしなければなりません。

\Buntenretu

  • Buntenretu.sty をロードしなければなりません。

\buttcap

  • pict2e.sty のバージョンが古いからではないでしょうか。
    emathパッケージで想定している pict2e.sty は
      2011/04/05 v0.2y
    です。これより古いバージョンのものは使えません。

\CalcVal

  • emathPp.sty をロードしなければなりません。

\CalculateCos

  • グラフィックスパッケージに含まれる trig.sty で定義されています。

\CalculateSin

  • グラフィックスパッケージに含まれる trig.sty で定義されています。

\CalculateTan

  • グラフィックスパッケージに含まれる trig.sty で定義されています。

\calc@next

  • Windows で,W32TeX の新しい版(09/05 以降)を用いた場合に出現した, というときは,訂正版を用いて emath パッケージを更新します。

\calcval

  • emathPp.sty をロードしなければなりません。

\color

  • color.sty をロードしなければなりません。

\colorbox

  • color.sty をロードしなければなりません。

\columnbreak

  • multicol.sty で定義されています。
    これを読み込んでいるにもかかわらず,エラーが出る場合は,バージョンが古いのが原因です。
    multicol.sty を更新します (toolsパッケージに含まれています)。

\define@key

  • keyval.sty で定義されているコマンドです。
    graphicx.sty からロードされますので,graphicx.sty を読み込んでおけばよいでしょう。

\Deruta

  • \Deruta は emathPh.sty で定義されています。

\dilutecolor

  • \dilutecolor は,emathPs.sty で定義されています。
  • ただし,color.sty がロードされていることが前提のコマンドです。

\drawline

  • \drawline は,epic.sty, eepic.sty で定義されていますが,
    emathパッケージでは,emathPh.sty で再定義しています。
    emathPs.sty を使用するときは,それに先立って emathPh.sty をロードしておかないとこのエラーが発生します。
    このあたりの事情については,掲示板 No.2679 をご覧ください。

\dummyEQ

  • emath.sty のバージョンが古いからではないでしょうか。

\EM@white

  • color.sty をロードする必要があります。

\EMcaption

  • emathCap.sty で定義されています。

\EMcaptionpunc

  • emathCap.sty で定義されています。

\EMdilutecolor

  • \EMdilutecolor は,emathPs.sty で定義されています。
  • ただし,color.sty がロードされていることが前提のコマンドです。

\EMfbox

  • \EMfbox は,EMfbox.sty で定義されています。

\EMpsIrositei

  • \EMpsIrositei は,emathPs.sty で定義されています。
  • ただし,color.sty がロードされていることが前提のコマンドです。

\emTsya

  • emathT.sty を読み込んでおかねばなりません。

\fpcalcval

  • emfpcalc.sty を読み込んでおかなければなりません。

\Gin@drafttrue

  • graphicx.sty を読み込んでおかなければなりません。

\Gurafu

  • \Gurafu コマンドは,obsolete です。どうしても使いたいときは,emathOld.sty をロードします。

\hakosyokika

  • hako.sty をロードします。

\headchar

  • \headchar は emathC.sty で定義されています。

\ifcolors@

  • color.sty がロードされていることが前提のコマンドです。

\iiiEnko

  • emathPk.sty で定義されています。ただし,v 1.35 2011/07/30 以降が必要です。

\iiiPut@nil

  • emathPk.sty を読み込んでおかなければなりません。

\isodd

  • \isodd は ifthen.sty で定義されています。(ifthen.sty は LaTeX標準配布です。)
    emathパッケージでは,ifthen.sty は必ず読み込まれています。
    それでもエラーが出るということは,ifthen.sty が古い,多分 LaTeX209 時代のものが読み込まれているのでしょう。
    そのあたりログファイルでお確かめください。

\jfsize

\kagenhou

  • \kagenhou は emathW.sty で定義されています。

\keytop

  • \keytop は itembbox.sty で定義されています。

\LandLretu

  • \LandLretu は LandLretu.sty で定義されています。

\ltxref

  • \ltxref は emathLb.sty で定義されています。

\maskhakotrue

  • \maskhakotrue は hako.sty で定義されています。

\multido

  • \multido は,multido.sty で定義されています。
    multido.sty は,CTAN にありますが,当サイト目次「その他」にもあります。

\perl@okikae

  • \perl@okikae は,emathPp.sty で定義されています。

\polygon

  • pict2e.sty のバージョンが古いからではないでしょうか。
    emathパッケージで想定している pict2e.sty は
      2011/04/05 v0.2y
    です。これより古いバージョンのものは使えません。

\Put@nil

  • emathPh.sty を読み込んでおかなければなりません。

\ReadTeXFile

  • emathR.sty を読み込んでおかなければなりません。

\resizebox

  • graphicx.sty を読み込んでおかなければなりません。

\rotatebox

  • graphicx.sty を読み込んでおかなければなりません。

\Rtenretu

  • Rtenretu.sty を読み込んでおかなければなりません。

\SandSandS

  • emathPk.sty のバージョンが古いからではないでしょうか。

\strlen@t

  • \emroman i, \emromanii i, \rmromaniii i に起因する場合があります。
    それぞれ \ermroman 1, \emromanii 1, \emromaniii 1 と修正します。

\Suisenretu

  • Taisyoutenretu.sty を読み込んでおかねばなりません。

\sya

  • emathT.sty を読み込んでおかねばなりません。

\syndiv

  • emathW.sty を読み込んでおかねばなりません。

\teisei

  • emathPh.sty を読み込んでおかねばなりません。

\toukeiryou

  • emathSt.sty を読み込んでおかねばなりません。

\uwave

  • ulem.styで定義されたコマンドです。

\vecXY

  • \vecXY はかつては,emathPh.sty で定義されていましたが,
    2009/07/11 に emathC.sty に移管されました。
    この2つのファイル emathPh.sty と emathC.sty の整合性が崩れているものと思われます。
    最新の訂正版を用いて,emath パッケージを更新してください。

\yGurafu

  • \yGurafu コマンドは,obsolete です。どうしても使いたいときは,emathOld.sty をロードします。

! Use of ...... doesn't match its definition.

  • コマンド ..... の使用法が正しくないことを示します。
  • そのコマンドの引数内に,更に別のコマンドが含まれるときは,それに \protect をかぶせると解決することがあります。

Use of \@array doesn't match its definition

  • emathT.sty をロードしていますか?
    ロードしていても,このエラーが出る場合は,\begin{array}の引数が異常です。

Use of \pictur@ doesn't match its definition.

  • emathPxy.sty をロードせずに,picture環境に [....] オプションをつけたときに発生します。
    41820

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-04-20 (月) 08:18:34 (1462d)