\EMfbox

\fbox を拡張したコマンドです。
破線の罫線を描画できる程度の拡張ですが,
ページをまたぐことの出来る EMframed 環境の下請けに用いています。
枠線は \vrule など tex の機能を用いて描画されます。
 

定義されているスタイルファイル

EMfbox.sty

書式

\EMfbox<#1>#2

  • #1: key=val
  • #2: 枠で囲まれるテキスト
  • #1 における有効な key は
apnzahyou
囲み内を zahyou*環境として,そこに記述するものを追加します。
backgroundcolor
背景色を指定します。
bsep
下枠線とテキストとの間隔を指定します。
framecolor
枠線の色を指定します。
framethickness
枠線の太さを指定します。
hasenLG
枠線を破線で描画します。
hsep
左右の枠線とテキストとの間隔を指定します。
hvsep
上下左右の枠線とテキストとの間隔を一律に指定します。
lsep
左枠線とテキストとの間隔を指定します。
notL
左縦罫線を描画しない。
notR
右縦罫線を描画しない。
rectboxoval
四隅を丸く(四分円)します。
rsep
右枠線とテキストとの間隔を指定します。
shade
影を付けます。
tsep
上枠線とテキストとの間隔を指定します。
vsep
上下の枠線とテキストとの間隔を指定します。

基本例

基本的には,\EMfbox は \fbox そのものです。
fbox01.png

枠線の修飾

枠線の太さ

枠線の太さは,LaTeX におけるデフォルトは 0.4pt です。
これを変更するには <framethickness=..> オプションを用います。
framethickness01.png

枠線を破線で

枠線を破線とするには,<hasenLG=..> オプションを用います。 
hasenLG01.png

枠線をカラーで

枠線に色をつけるには,<framecolor=..> オプションを用います。
framecolor01.png

丸コーナー

枠の四隅を丸くするには,<rectboxoval=..> オプションを用います。
右辺値は,四分円の半径を単位付きの寸法で与えます。
oval01.png
  • ただし,この機能は,tpic-specials を用います。
  • また,四隅の四分円と,水平・垂直罫線との接続に難があります。
    気になる,という場合は,PostScript を用いる
       \EMpsfbox or \EMpIIefbox
    などの利用をご検討ください。
  • <hasenLG=..>オプションとの併用は出来ません。
    丸コーナーで破線枠を作るには
       \EMpsfbox or \EMpIIefbox
    を用います。

コの字型の枠

左(右)縦罫線を描画しない枠を作るオプションが
    notL (notR)
です。
notR01.png

影付き

枠に影を付すには,<shade> オプションを用います。
右辺値で影の太さを指定することが出来ます(デフォルトは 5pt)
shade01.png

背景色

背景色をつけるには,<backgroundcolor=..> オプションを用います。
bgcolor01.png
  • 枠線をつけたくない,という場合は,<framethickness=0pt> とします。
    bgcolor02.png

併設 zahyou*環境

\EMfbox には,zahyou*環境が併設されています。描画したいものを
  <apnzahyou=...>
の右辺値に記述します。その際,四隅の点が
  \LT, \LB, \RT, \RB
として定義されていることが利用できます。
なお,\unitlegnth は 1pt です。
apnzahyou01.png

複数行

複数の行を枠で囲みたい,という場合の処理法です。

行幅いっぱい

tabular or array環境

短い複数行をまとめて枠囲みするには,tabular環境が簡潔です( emath は無関係)。
tabular01.png
  • tabular環境のベースラインは,表(上下)の中央です。
    これを変更するには,tabular に [t/b] オプションをつけるのでした。
    その場合,ベースラインは上下の枠線になります。
    tabular03.png
  • 囲み内の最終行をベースラインと揃えるには,
      tabular では枠線をつけずに,
      tabular環境を \EMfbox に与える
    という方法もあります。
    tabular02.png
  • 複数の数式を囲むなら,tabular ではなく,array を用います。
    array01.png
    • 分数などが登場すると,array環境における上下の横罫線との間隔が狭くなります。
      これを空けるには,罫線を引かないarray環境を \EMfbox に与える方法もあります。
      array02.png

\parbox

  • \parbox を \EMfbox の引数に与える,という方法もあります。
    parbox01.png

関連事項

  1. コーナーの丸い囲みは
      EMpsfbox or EMpIIefbox
    を用いることを推奨します。

注意事項

  1. 行をまたぐことは出来ません。
    行をまたぐには,\emkasenbox コマンド を用います。
    11535

添付ファイル: filenotR01.png 111件 [詳細] fileshade01.png 479件 [詳細] fileapnzahyou01.png 444件 [詳細] fileparbox01.png 632件 [詳細] filefbox01p.tex 781件 [詳細] filearray02.png 744件 [詳細] filearray01.png 677件 [詳細] filetabular02.png 650件 [詳細] filetabular03.png 649件 [詳細] filetabular01.png 804件 [詳細] filebgcolor02.png 626件 [詳細] filebgcolor01.png 604件 [詳細] fileoval01.png 531件 [詳細] fileframecolor01.png 759件 [詳細] filehasenLG01.png 649件 [詳細] fileframethickness01.png 658件 [詳細] filefbox01.png 638件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-01-08 (月) 14:19:25 (534d)