EMjmath環境

別行立て数式行の改行ピッチを jarticle.sty のものとします。
 

定義されているスタイルファイル

emath.sty

書式

\begin{EMjmath}
  ....
\end{EMjmath}

article.cls

pmatrix環境,align環境などにおける改行ピッチについて,
まずは,欧文用の article.cls の場合を見ておきます。
EMjmath01.png

jarticle.cls

和文用の jarticle.cls になると,行間が広がります
(連動して場合分けを示す開き中括弧も大きくなっています)。
jarticle.cls では,行間ピッチが大きく設定されていますが,
それが数式行にも適用されることによります。
EMjmath02.png

emath では

emath では,数式内では,欧文用の行ピッチを使用するようにしています。
EMjmath03.png

EMjmath環境

しかし,数式内に和文が登場すると,欧文用の行ピッチでは少々窮屈です。
EMjmath04.png
ということで,数式内でも和文用の行ピッチとするために EMjmath環境を用意しました。
EMjmath05.png

注意事項

関連事項

  1. 文書全体で,数式内でも和文用の行ピッチを用いるにはemathに対するロードオプション[normallineskip]を用います。
    2345

添付ファイル: fileEMjmath05.png 344件 [詳細] fileEMjmath04.png 326件 [詳細] fileEMjmath03.png 337件 [詳細] fileEMjmath02.png 351件 [詳細] fileEMjmath01.png 352件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2008-08-15 (金) 09:47:13 (3965d)