\Fcalc

分数の混合四則算の結果を取得します。
 

定義されているスタイルファイル

emathB.sty

書式

\Fcalc#1=#2
#1
計算式
#2
結果を取得する制御綴

基本例

混合四則算の結果を取得します。
それを表示するには,\prF などを用います。
1/2 + 1/3×2 を計算する例です。
Fcalc01.png
  • 各項は (..) で括って記述します。
       1/2+1/3*2 は不可で
       (1/2)+(1/3)*(2) とせねばなりません。
  • 累乗を表す記号は ^ ではなく ** となっています。
    Fcalc02.png

関連事項

  • 数値計算
    • \Fcalc に与える第1引数すなわち計算式を表示させるには \Fkeisan を用います。
      3000

添付ファイル: fileFcalc02.png 311件 [詳細] fileFcalc01.png 302件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-03 (火) 23:01:44 (2903d)