\ParamLC

媒介変数表示された曲線の近似折れ線を作成します。
 

定義されているスタイルファイル

emathPp.sty

書式

\ParamLC<#1>#2#3#4

  • #1: key=val
  • #2: x=f(t)
  • #3: y=g(t)
  • #4: 近似折れ線を受け取る制御綴

    #1 における有効な key は

dt
媒介変数の刻み値を指定します。デフォルトは 0.02 です。
maxt
媒介変数 t の動く最大値を指定します。デフォルトは 2π です。
mint
媒介変数 t の動く最小値を指定します。デフォルトは 0 です。

基本例

媒介変数で表示された曲線などで囲まれる図形を塗りつぶすさい,
境界の折れ線を取得します。
  • 原点を中心とする楕円・第2象限部分を斜線塗りする手順をみていきます。
    まずは,楕円を媒介変数表示して,第2象限部の近似折れ線を \ParamLC で作成します。
    ParamLC01.png
  • その折れ線に,原点を付加した多角形を作ります。
    ParamLC02.png
  • その多角形を \emPaint* に与えて斜線塗りが出来ました。
    ParamLC03.png

入試問題から

2000 弘前大学file0008200011.tex0008200011fig.png

関連事項


添付ファイル: file0008200011.tex 562件 [詳細] file0008200011fig.png 340件 [詳細] fileParamLC03.png 354件 [詳細] fileParamLC02.png 253件 [詳細] fileParamLC01.png 261件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-06-22 (土) 00:49:34 (2130d)