\QniSessen

放物線(二次関数のグラフ)外の点から放物線に引いた接線の接点を求めます。
 

定義されているスタイルファイル

emathPl.sty

書式

\QniSessen#1#2[#3]#4[#5]#6

  • #1: 二次関数式
  • #2: 放物線外の点
  • #3: 接点1の x座標を受け取る制御綴
  • #4: 接点1を受け取る制御綴
  • #5: 接点2の x座標を受け取る制御綴
  • #6: 接点2を受け取る制御綴
    • 2つの接点のうち,x座標が小さい方を接点1と称しています。

基本例

点 (1/2,-1) から放物線 y=x^2 に引いた接線の接点を求め,接線を描画します。
QniSessen01.png

関連事項

入試問題から

2013 立命館大学file2200201316.tex2200201316fig.png
1802

添付ファイル: file2200201316.tex 263件 [詳細] file2200201316fig.png 213件 [詳細] fileQniSessen01.png 194件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-06-02 (月) 10:41:30 (2021d)