TeXWorks で perlとの連携を実現する方法

TeX を処理する統合環境のひとつである TeXWorks を用いて,
perl との連携機能を実現する方法を記します。
ただし,emath は丸ごとパックではなく,訂正版を前提とします。
 

emath.pl などの配置(1)

まずは,当 emathWiki の perlとの連携 ページをご覧のうえ,
  連携の準備
という項までを実行します。

「TeXWorks の設定」ダイアログ

これからの作業では,「TeXWorks の設定」という名のダイアログを用います。
  1. TeXworks を起動します。
  2. そのメニューバーから
       編集
        設定
    とたどると,「TeXWorks の設定」なるダイアログが登場します。
    その「タイプセット」なるタブをクリックすると
    TeXWorksの設定.png
    (このダイアログ内の表示は TeX環境,TeXWorks のバージョンによって異なります)。

「タイプセットの方法」ダイアログ

「TeXWorks の設定ダイアログ」で,
「タイプセットの方法」ブロック右下「+」ボタンと「−」ボタンが並んでいますが,「+」ボタンをクリックします。
「タイプセットの方法を設定する」というダイアログが登場します:

typeset.png

ptex2pdf の存在確認

以下は,TeXWorks のバージョンによって,さらには OS によって対応が異なります。 
TeX 関連実行ファイルの中に
  ptex2pdf.exe (環境によっては .exe は表示されない)
のあり/なしで処理法が異なります。
  • ptex2pdf の存在を確認するには
    1. tex 関連の実行ファイルにパスが通っている場合
      コマンドプロンプト(MAC ではターミナル)で,キーボードから
        which ptex2pdf
      と打ち込み,エンターキーを押します。
      存在すれば,そのフルパスが返ってきます。
    2. パスが通っていない場合
      「TeXWorks の設定」ダイアログを呼び出します。
      引き続き,「タイプセットの方法」ダイアログを呼び出します。
      以下,このダイアログで偵察をしますが,作業が終わったら,右下
        OKボタン,キャンセルボタン
      のうち,キャンセルボタンを押して元に戻します。
      その「プログラム:」の右「参照」ボタンをクリックすると,
        TeX 関連実行ファイルの一覧
      が表示されます。その中に "ptex2pdf" が存在するか否かを調べます。
      確認したら「キャンセル」ボタンを何回か押して TeXWorks の画面に戻ります。

ptex2pdf.exe が存在する場合

  • 「TeXWorks の設定」ダイアログを呼び出します。
    引き続き,「タイプセットの方法」ダイアログを呼び出します。
    この空欄を埋めていきます。
  • まず,「名前:」欄はお好みで。ここでは "shellescape" として進行します。
  • 「プログラム:」欄は "ptex2pdf.exe" とします。
    (右の「参照」ボタンを押して ptex2pdf を選んでもよい。)
  • 「引数:」欄の入力は少々面倒で,最終的には次の4行となります。
    (短い行をまとめたり,長い行を分割したりしてはいけません。必ず下の4行とします。)
    (3行目は4つの引数を列記していますが,それらは半角空白で区切られています。 それ以外の場所に空白を加えたりしてもいけません。)
    1行目は
    -l
    2行目は
    -ot
    3行目は
    -shell-escape -kanji=utf8 -guess-input-enc $synctexoption
    4行目は
    $fullname
    「引数:」の右空欄に直接キーボードから入力は出来ません。
    1行ずつ,空欄右下外の「+」ボタンを押してでてくる小さな窓に入力します。
    (下図,赤丸を付けたボタン)
    Image3.png
    複数行をまとめて入力は出来ません。1行ずつ「+」ボタンを押して,上の順序通りに入力します。)
  • 1行目 -l における l は、数字の 1 ではなく,アルファベット小文字の l(エル)です。
  • 以上の入力が正しく行われたら,「OK」ボタンを何回か押して TeXWorks に戻ります。

ptex2pdf.exe が存在しない場合

TeXWorks は,発展途上のソフトのようです。
以下対処法を述べますが,TeXWorks を更新 --- というより TeX を更新して,
ptex2pdf.exe が存在する状態にするのが,賢明策と思います( texlive 2013 以降にすればよい)。
  • OS によって対処法は異なります。

Windows の場合

  1. 次の内容のファイルを shellescape.bat という名前で,tex 関連の実行ファイル(例えば latex.exe )が存在するディレクトリに作成します。
    platex -shell-escape -kanji=utf8 -synctex=1 -guess-input-enc "%1" && dvipdfmx "%~n1"
  2. 「TeXWorks の設定」ダイアログを呼び出します。
    引き続き,「タイプセットの方法」ダイアログを呼び出します。
    この空欄を埋めていきます。
  • まず,「名前:」欄はお好みで。ここでは "shellescapebat" として進行します。
  • 「プログラム:」欄は "shellescape.bat" とします。
    (右の「参照」ボタンを押して shellescape.bat を選んでもよい。)
  • 「引数:」欄の入力は次の1行だけです。
    $fullname
    「引数:」の右空欄に直接キーボードから入力は出来ません。
    空欄右下外の「+」ボタンを押してでてくる小さな窓に入力します。
    以上の入力が正しく行われたら,「OK」ボタンを何回か押して TeXWorks に戻ります。

MAC の場合

  • 「TeXWorks の設定」ダイアログを呼び出します。
    引き続き,「タイプセットの方法」ダイアログを呼び出します。
    この空欄を埋めていきます。
  • まず,「名前:」欄はお好みで。ここでは "shellescape" として進行します。
  • 「プログラム:」欄は "pdfplatex" とします。
    (右の「参照」ボタンを押して pdfplatex を選んでもよい。)
  • 「引数:」欄の入力は少々面倒で,最終的には次の2行となります。
    (1行目は3つの引数を列記していますが,それらは半角空白で区切られています。 それ以外の場所に空白を加えたりしてもいけません。)
    -shell-escape -kanji=utf8 -guess-input-enc $synctexoption
    $fullname
    「引数:」の右空欄に直接キーボードから入力は出来ません。
    1行ずつ,空欄右下外の「+」ボタンを押してでてくる小さな窓に入力します。
    (キーボードから入力するよりも上の欄からコピペする方が良い。
    複数行をまとめて入力は出来ません。1行ずつ「+」ボタンを押して,上の順序通りに入力します。)
  • 以上の入力が正しく行われたら,「OK」ボタンを何回か押して TeXWorks に戻ります。

動作確認(1)

  1. まず,次の内容のファイル perllib.tex を作成します。
    \documentclass{jarticle}
    \begin{document}
    start
    \write18{perl -V>perllib.txt}
    end.
    \end{document}
  2. TeXWorks を起動します。
    メニューバーの下,ツールバー一番左に,緑の円内の右向き矢印が指す位置に
       タイプセット時に使用するツール名
    が表示されています。その右にある下向き矢印をクリックするとプルダウンメニューが開きます。
    その中から先ほどあなたが作った shellescape or shellescapebat があるはずですから,それを選択します。
    続いて,
       メニューバーから
         タイプセット
           タイプセット
    とするか,ショートカットキー
       CTRL-T
    でタイプセットを実行します。
  3. エラーなく実行できましたか。エラーが起きたら,今までの作業を再確認してください。
    作成された PDF には,用がありません。
    perllib.tex と同一ディレクトリに perllib.txt というファイルが出来ているはずです。これが次の作業のネタとなります。

emath.pl などの配置(2)

  1. 始めに,emath.pl を配置したはずですが,
    TeXWorks は身勝手なソフトで自分用のものを要求します。
    上で,perllib.txt というテキストファイルを作ったはずですが,それをエディタで開きます。
    最下行から少し上に
     @INC:
    という行がありますが,その下のディレクトリにも
      emath.pl などを配置しておかねばなりません。

動作確認(2)

次のファイルをタイプセットします。

\documentclass{jarticle}
\usepackage[notMy]{emath}
\usepackage{emathPl}
\begin{document}
漢字

\calcval[s]{sqrt(2)}\foo
\foo

あいうえお
\end{document}

2の近似値が表示されましたか?

関連事項

  1. 日本語の文字化け
    TeXWorks で日本語が文字化けするという場合は,その原因は
      エンコードの不一致
    です。一番望ましい(TeXWorks から見て)のは
      utf8
    で統一することです。
    最近の TeXWorks では,TeXWorks のエディタのエンコードを指定できるようにはなっています。
    「TeXWorks の設定ダイアログ」のエディタタブの中程に
    「エンコーディング:」
    とあります。
    9199

添付ファイル: fileImage3.png 607件 [詳細] filetypeset.png 518件 [詳細] fileTeXWorksの設定.png 1010件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2018-03-17 (土) 16:47:14 (429d)