\cPut

文字列を任意の場所に配置します。
 

定義されているスタイルファイル

emathPs.sty

書式

書式は \emathPut と同じ。
pszahyou(*) 環境では図形は Postscript で, 文字列は TeX に配置を任せています。 しかし,Postscript と TeX では 1pt の長さがそれぞれ 1/72 inch, 1/72.27 inch と異なっています. このことで問題になるのは大きな図を描画したときに 図形と文字列の位置の誤差が大きくなることです. そこで pszahyou(*) 環境では文字列(character)の配置を 図形の配置と同じにするために \cPut が定義されています。 要するに文字列の配置は \cPut図形の配置は \Put ということになります。 cPut-ex1.png cPut-ex2.png

基本例

文字列を任意の座標に配置します。

注意事項

  1. その1

関連事項

  1. \emathPut
    2344

添付ファイル: filecPut-ex2.png 369件 [詳細] filecPut-ex1.png 375件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2007-04-20 (金) 01:35:02 (4384d)