&size(24){''\hamidasisenbun''};
 2点を端点とする線分を少しのばしたい(はみ出したい)ときに用います。
 伸ばす量は基本となる線分に対する相対量ですが、単位付きの絶対量にしたいときは \Hamidasisenbun を用います。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#mba61d94]
emathPh.sty
*書式 [#g06a18a7]
\hamidasisenbun#1#2#3#4
- #1 : 端点1
- #2 : 端点2
- #3 : 端点1に対するはみ出し係数
- #4 : 端点2に対するはみ出し係数
\hamidasisenbun<#1>#2#3#4#5
- #1 : \Drawline に引き渡されるオプション引数
--\hamidasisenbun 固有のキーは
---[[hidariT>#hidariT]]: 端点1 をはみ出した点 (\hidariT) を保存しておきたい制御綴
---[[migiT>#hidariT]]: 端点2 をはみ出した点 (\migiT) を保存しておきたい制御綴
- #2 : 端点1
- #3 : 端点2
- #4 : 端点1に対するはみ出し係数 (線分#2#3 の長さに対する割合)
- #5 : 端点2に対するはみ出し係数 (線分#2#3 の長さに対する割合)
-- はみ出し係数に負の値を与えれば,縮みます。
- このコマンドを実行した後~
端点#1をはみ出した点が \hidariT~
端点#2をはみ出した点が [[\migiT>#migiT]]~
端点1をはみ出した点が [[\hidariT>#hidariT]]~
端点2をはみ出した点が [[\migiT>#hidariT]]~
に定義されています。

 \hamidasisenbun*<#1>#2#3#4#5
-はみ出した点が \hidariT, \migiT に定義されるだけで,線分を描画しません。

*例 [#ff49a042]
**基本例 [#r5e4a53c]
 \hamidasisenbun\A\B{0.2}{0.4}
 として,線分 AB を A の外方向に 0.2×AB, B の外方向に 0.4×BA だけのばした線分を描きます。
#ref(http://www006.upp.so-net.ne.jp/t-2/emathwiki/hamidasisenbun.png)
**\migiT [#migiT]
 \migiT を使用した例です。
 上のリストの終わり3行を次のように修正します。
 線分 AP を A の方に 0.2×AP, P の方に 0.4×AP だけ延長します (線分 AQ についても同様) 。
#ref(hamidasisenbun1.png)
**はみ出し点の保存 [#hidariT]
 \hamidasisenbun を実行後,
   端点1 をはみ出した点が \hidariT
   端点2 をはみ出した点が \migiT
 に保存されていますが,直近のものだけです。
 複数の \hamidasisenbun を実行して,端点を利用したい場合は
   hidariT=.....
   migiT=....
 オプションで,右辺値に保存したい制御綴の \ を除いた部分を記述します。
 例えば,<hidariT=X> とすれば,制御綴 \X に \hidariT が保存されます。
#ref(hamidasisenbun2.png)
*関連事項 [#kanren]
-[[\Hamidasisenbun>Hamidasisenbun]]
-はみ出し量を単位つき長さで指定するには,[[\Hamidasisenbun>Hamidasisenbun]]を用います。
RIGHT:&counter;



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS