&size(24){''\Bunten''};
 線分を内分・外分する点を求めます。
 線分の内分点・外分点を求めます。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#ja78097d]
emathPh.sty

*書式 [#y427a5a1]
\Bunten#1#2#3#4#5
-#1: 端点1
-#2: 端点2
-#3,#4: 内分比(外分比は符号を付加)
-#5: 結果を受け取る制御綴
 2点#1, #2を結ぶ線分を (#3):(#4)に分ける点を #5 の制御綴に返します。
 \Bunten<#1>#2#3#4#5#6
-#1: key=val~
-#2: 端点1
-#3: 端点2
-#4,#5: 内分比(外分比は符号を付加)~
一方が * の場合は,#4 + #5 = 1 となるように * がセットされる。
-#6: 分点を受け取る制御綴

 線分#2#3 を (#4):(#5)に分ける点を #6 の制御綴に返します。
-#1 で有効なキーは
:[[perl>#perl]]| 計算を perl で行います。当然,emathPp.sty が必要です。~
高精度を求める,というよりは,比に perl の計算式(たとえば,1/3)を与えたい時便利です。
*例 [#p9defc71]
**基本例 [#sf1b4f20]
 線分ABを 2:1 に内分する点を求めます。
#ref(Bunten01.png)
-外分は,符号で調整します。~
2:1 に外分は,2:(-1)(あるいは (-2):1 でも同じ)とします。
#ref(Bunten02.png)

**<perl>オプション [#perl]
 比に計算式(1/3 など)を与えたいときは <perl> オプションを用います。
 (emathPp.sty が必要です)
#ref(perl01.png)
**比の一方を * [#t74bd0f5]
 分比 #4 : #5 において,(#4)+(#5)=1 の時は,#4, #5 の一方を * とすることが許容されます。
#ref(perl02.png)
*注意事項 [#gddfc3a9]
*関連事項 [#za1c154b]
-[[\itiziketugou>itiziketugou]]
-[[\Tyuuten>Tyuuten]]
-[[\Buntenretu>Buntenretu]]
-[[\iiiBunten>iiiBunten]]
-線分の n等分点を求めるには,[[\HenToubun コマンド>HenToubun]]を用います。
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS