\DPkukan
\DPkukan*

数直線上の区間を図示します。
 

定義されているスタイルファイル

emathPh.sty

書式

\DPkukan<#1>#2
kukantakasa
区間の高さを,単位付きの寸法で指定します。
単位が \unitlength の場合は,省略し無名数とすることが出来ます (デフォルト 0.5)。
paintoption
\emPaint のオプションを指定します。
\DPkukan*<#1>#2

基本例

開区間 (-1,2) を表示する例です。
DPkukan01.png

端点

端点を含まない場合は,小括弧記号
   含む場合は,大括弧記号を用います。
DPkukan02.png

区間の高さ

区間の高さは,デフォルトでは y=0.5\unitlength です。
これを変更するには,<kukantakasa=..> オプションを用います。
右辺値は,単位付きの寸法です。
単位が \unitlength の場合は,省略し無名数とすることが出来ます。
kukantakasa01.png

区間の斜線塗り

区間を(斜線)塗りするには,\DPkukan* コマンドを用います。
nuri01.png

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS