&size(24){''\Drawline''};
 折れ線を描画します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#nfc48d22]
emathPh.sty

*書式 [#h5cd66f7]
\Drawline<#1>#2
-#1: key=val 形式をコンマ区切りで並べます。
-#2: 点列
 #2 に与えられた点列を線分で結んでいきます。
#1 における有効な key は
:[[sensyu>#udf54ba1]]| 線種を変更します。
:[[yazirusi>#e7b2ea5d]]| 折れ線の始点・終点に矢印を附加します。
:[[allinethickness>#s6a45f2b]]| 線分の太さを変更します。
:[[iro>#k3c39573]]| 折れ線に色をつけます。
:[[Oval>#z1bc159a]]| 折れ線の角を丸くします。

*例 [#jef12eca]
**基本例 [#c0b6c422]
 点列を線分で結んで折れ線を描画します。
#ref(Drawline01.png)
**線種変更 <sensyu=..>  [#udf54ba1]
 線分の線種を変更します。
 まずは,<sensyu=\dottedline.. で,点線を指定します。
#ref(sensyu01.png)
 <sensyu=\dashline.. は,破線です。
#ref(sensyu02.png)
 <sensyu=\hasen.. も使えますが,
 \Hasen コマンドを用いる方が普通でしょう。
#ref(sensyu03.png)
 <sensyu=\chainline.. は鎖線です。
#ref(sensyu04.png)
**矢印附加 <yazirusi=.>  [#e7b2ea5d]
 折れ線の始点・終点に矢印を附加します。
 <yazirusi=a> とすると,終点に矢印がつきます。
#ref(yazirusi01.png)
 <yazirusi=r> とすると,始点に矢印がつきます。
#ref(yazirusi02.png)
 <yazirusi=b> の場合は,始点・終点両方に矢印がつきます。
#ref(yazirusi03.png)
**線幅変更 <allinethickness=..>  [#s6a45f2b]
 線分の太さを変更します。
#ref(allinethickness01.png)
**カラー  <iro=..>  [#k3c39573]
 折れ線に色をつけます。
#ref(iro01.png)
**丸コーナー<Oval=..>  [#z1bc159a]
 折れ線の角を丸くします。
 折れ線の角を円弧にしますが,その半径を Oval=.. の右辺値に指定します。
#ref(oval01.png)
*注意事項 [#t05a6ad2]
+ その1
*関連事項 [#s76d18a9]
+[[\Takakkei>Takakkei]]
+[[\Hasen>Hasen]]
RIGHT:&counter;

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS