&size(24){''\EMfbox''};

 \fbox を拡張したコマンドです。
 破線の罫線を描画できる程度の拡張ですが,
 ページをまたぐことの出来る EMframed 環境の下請けに用いています。
 枠線は \vrule など tex の機能を用いて描画されます。

#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#h34043f2]
emathPb.sty

EMfbox.sty
*書式 [#iad1249f]
\EMfbox<#1>#2
-#1: key=val
-#2: 枠で囲まれるテキスト
-#1 における有効な key は
:[[backgroundcolor>#backgroundcolor]]| 背景色を指定します。
:[[bsep>#bsep]]| 下枠線とテキストとの間隔を指定します。
:[[framecolor>#framecolor]]| 枠線の色を指定します。
:[[apnzahyou>#apnzahyou]]|囲み内を zahyou*環境として,そこに記述するものを追加します。
:[[backgroundcolor>#backgroundcolor]]|背景色を指定します。
:[[bsep>#bsep]]|下枠線とテキストとの間隔を指定します。
:[[framecolor>#framecolor]]|枠線の色を指定します。
:[[framethickness>#framethickensss]]| 枠線の太さを指定します。
:[[hasenLG>#hasenLG]]| 枠線を破線で描画します。
:[[hsep>#hsep]]| 左右の枠線とテキストとの間隔を指定します。
:[[hvsep>#hvsep]]| 上下左右の枠線とテキストとの間隔を一律に指定します。
:[[lsep>#lsep]]| 左枠線とテキストとの間隔を指定します。
:[[rectboxoval>#oval]]| 四隅を丸く(四分円)します。
:[[rsep>#rsep]]| 右枠線とテキストとの間隔を指定します。
:[[tsep>#tsep]]| 上枠線とテキストとの間隔を指定します。
:[[vsep>#vsep]]| 上下の枠線とテキストとの間隔を指定します。

:[[hasenLG>#hasenLG]]|枠線を破線で描画します。
:[[hsep>#hsep]]|左右の枠線とテキストとの間隔を指定します。
:[[hvsep>#hvsep]]|上下左右の枠線とテキストとの間隔を一律に指定します。
:[[lsep>#lsep]]|左枠線とテキストとの間隔を指定します。
:[[notL>#notR]]| 左縦罫線を描画しない。
:[[notR>#notR]]| 右縦罫線を描画しない。
:[[rectboxoval>#oval]]|四隅を丸く(四分円)します。
:[[rsep>#rsep]]|右枠線とテキストとの間隔を指定します。
:[[shade>#shade]]|影を付けます。
:[[tsep>#tsep]]|上枠線とテキストとの間隔を指定します。
:[[vsep>#vsep]]|上下の枠線とテキストとの間隔を指定します。
*例 [#td8ab6fd]
**基本例 [#l9bee1de]
 基本的には,\EMfbox は \fbox そのものです。
#ref(fbox01.png)
#ref(fbox01p.tex,center,上のソースリスト)
**枠線の修飾 [#z56c9b6c]
***枠線の太さ [#framethickness]
 枠線の太さは,LaTeX におけるデフォルトは 0.4pt です。
 これを変更するには <framethickness=..> オプションを用います。
#ref(framethickness01.png)
***枠線を破線で [#hasenLG]
 枠線を破線とするには,<hasenLG=..> オプションを用います。 
#ref(hasenLG01.png)
***枠線をカラーで [#framecolor]
 枠線に色をつけるには,<framecolor=..> オプションを用います。
#ref(framecolor01.png)
***丸コーナー  [#oval]
 枠の四隅を丸くするには,<rectboxoval=..> オプションを用います。
 右辺値は,四分円の半径を単位付きの寸法で与えます。
#ref(oval01.png)
-ただし,この機能は,tpic-specials を用います。
-また,四隅の四分円と,水平・垂直罫線との接続に難があります。~
気になる,という場合は,PostScript を用いる~
   [[\EMpsfbox>psfbox]] or [[\EMpIIefbox>pIIefbox]]~
などの利用をご検討ください。
-<hasenLG=..>オプションとの併用は出来ません。~
丸コーナーで破線枠を作るには~
   [[\EMpsfbox>psfbox]] or [[\EMpIIefbox>pIIefbox]]~
を用います。
***コの字型の枠 [#notR]
 左(右)縦罫線を描画しない枠を作るオプションが
     notL (notR)
 です。
#ref(notR01.png)
***影付き [#shade]
 枠に影を付すには,<shade> オプションを用います。
 右辺値で影の太さを指定することが出来ます(デフォルトは 5pt)
#ref(shade01.png)
//***二重囲み [#ca4dfce3]

**背景色 [#backgroundcolor]
 背景色をつけるには,<backgroundcolor=..> オプションを用います。
#ref(bgcolor01.png)
-枠線をつけたくない,という場合は,<framethickness=0pt> とします。
#ref(bgcolor02.png)

**併設 zahyou*環境 [#apnzahyou]
 \EMfbox には,zahyou*環境が併設されています。描画したいものを
   <apnzahyou=...>
 の右辺値に記述します。その際,四隅の点が
   \LT, \LB, \RT, \RB
 として定義されていることが利用できます。
 なお,\unitlegnth は 1pt です。
#ref(apnzahyou01.png)
**複数行 [#hukusuugyou]
 複数の行を枠で囲みたい,という場合の処理法です。
***行幅いっぱい [#ebc9456f]
-複数行が行幅いっぱいに拡がる場合は,[[版面横いっぱいに拡がる囲み枠>枠囲み#fullwidth]]で紹介した環境を用います。
-複数行が行幅いっぱいに拡がる場合は,[[版面横いっぱいに拡がる囲み枠>囲み枠#fullwidth]]で紹介した環境を用います。
***tabular or array環境 [#e7abadbd]
 短い複数行をまとめて枠囲みするには,tabular環境が簡潔です( emath は無関係)。
#ref(tabular01.png)
-tabular環境のベースラインは,表(上下)の中央です。~
これを変更するには,tabulara に [t/b] オプションをつけるのでした。~
これを変更するには,tabular に [t/b] オプションをつけるのでした。~
その場合,ベースラインは上下の枠線になります。
#ref(tabular03.png)
-囲み内の最終行をベースラインと揃えるには,~
  tabular では枠線をつけずに,~
  tabular環境を \EMfbox に与える~
という方法もあります。
#ref(tabular02.png)
-複数の数式を囲むなら,tabular ではなく,array を用います。
#ref(array01.png)
--分数などが登場すると,array環境における上下の横罫線との間隔が狭くなります。~
これを空けるには,罫線を引かないarray環境を \EMfbox に与える方法もあります。
#ref(array02.png)
***\parbox [#parbox]
-\parbox を \EMfbox の引数に与える,という方法もあります。
#ref(parbox01.png)
//***\EMparbox [#ge7807c4]
//***rectbox環境 [#v1cc589d]
*関連事項 [#d66fd409]
+コーナーの丸い囲みは~
  [[EMpsfbox>psfbox#oval]] or [[EMpIIefbox>pIIefbox#oval]]~
を用いることを推奨します。
*注意事項 [#pc1f3d6a]
+行をまたぐことは出来ません。~
行をまたぐには,[[\emkasenbox コマンド>emkasenbox]] を用います。
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS