EMpsframed環境

ページをまたぐ EMpsrectbox環境です。
枠を PostScript で記述し,EPS ファイルにして読み込みます。
 

定義されているスタイルファイル

EMpsframed.sty

書式

\begin{EMpsframed}[#1]
   .....
\end{EMpsframed}
backgroundcolor
背景色を指定します。
bitem
枠下辺に見出しを付加します。
bitempos
枠下辺の見出し位置を指定します。
dash
枠線を破線で描画します。
framecolor
枠線の色を指定します。
framethickness
枠線の太さを指定します。
hasenLG
枠線を破線で描画します。
hsep
左右の枠線と枠内テキストとの間隔を指定します。
hvsep
枠線と枠内テキストとの間隔を指定します。
item
枠上辺に見出しを付加します。
itempos
枠上辺の見出し位置を指定します。
LRonly
左右の罫線のみを描画します。
Lonly
左罫線のみを描画します。
rectboxoval
枠のコーナーを丸くします。
rectboxparindent
枠内テキストについて,段落冒頭の字下げを指定します。
shade
枠線右・下に影をつけます。
shadecolor
影の色を指定します。
vsep
上下の枠線と枠内テキストとの間隔を指定します。

基本例

ページをまたぐことができる枠囲みです。
breakpsrectbox環境が,一行ごとに切って EPS ファイルを作るのに対し,
EMpsframed環境は,ページごとに EPS ファイルを作ります。
下の例の場合,
  breakpsrectbox環境を使用した場合は 11個
の eps ファイルが作られますが,
  EMpsframed環境を使用した場合は 2個
の eps ファイルで済みます。
eps ファイルを処理するのに gs を呼び出す dvi-ware では,この差は大きいでしょう。
ex01a.png
 
ex01b.png
file上のソースリスト

枠内のテキスト部と枠線との間隔 --[hsep=..,vsep=..,hvsep=..] オプション

枠内のテキスト部と枠線との間隔は \fboxsep に従います。

hvsep00.png

段落先頭のインデント -- [rectboxparindent=..]オプション

EMpsframed環境は,実質 minipage環境です。したがって段落先頭のインデントはつきません。

parindent00.png

見出し

枠線上に見出し文字列を配置します。

上見出し -- [item=..,itempos=..] オプション

罫線枠上辺に見出し文字列を配置するためのオプションが [item=..]です。右辺値は,見出し文字列です。

item01.png

下見出し -- [bitem=..,bitempos=..] オプション

罫線枠下辺に見出し文字列を配置するためのオプションが [bitem=..]です。

bitem01.png

枠線の修飾

枠線の太さ指定 --[framethickness=..] オプション

枠線の太さを指定するオプションが [framethickness=..] オプションです。
右辺値は 単位を伴う長さです。
framethickness01.png

破線指定(1) --[dash=..] オプション

枠線を破線とするオプションが [dash=..] です。
dash01.png

破線指定(2) --[hasenLG=..] オプション

dash オプションの場合,コーナーがギャップ部となってしまうことがあります。
hasenLG オプションですと,コーナーが明確になるという利点がありますが,
rectboxoval オプションとは併用できません。
hasenLG01.png

枠線色指定 --[framecolor=..] オプション

枠線に色をつけるオプションです。

framecolor01.png

影付き

枠線右・下に影をつけるオプションです。
shade01.png

枠の形状

デフォルトでは,枠罫線は長方形で,四隅は直角の折れ線です。
この形状を変更するオプションを紹介します。

コーナーを丸く --[rectboxoval=..] オプション

まずは,四隅を四分円にするのオプションが [rectboxoval=..] です。
右辺値は四分円の半径(単位を伴った長さ)です。
oval01.png

左右の罫線のみ --[LRonly] オプション

[LRonly] オプションは左右の罫線のみを描画します。
(天地の罫線は描画されません。)
LRonly01.png

左罫線のみ --[Lonly] オプション

[Lonly] オプションは左罫線のみを描画します。
Lonly01.png

二重枠

二重枠とするには,少し面倒な手続きが要ります。
psframed環境は,内部で
  \emFramedCommand
を呼びます。
EMpsframed.sty におけるデフォルトは
  \let\emFramedCommand\psfbox
となっていますが,これを次のように再定義することで二重枠が作られます。
doublebox01a.png

背景色指定 --[backgroundcolor=..] オプション

テキスト部に背景色をつけるオプションです。

bgcolor01.png

関連事項

  1. EMpsframed環境は,枠を EPSファイルにしてそれを読み込みます。
    それが煩わしい,という場合は
      EMpIIeframed環境
    を用いる方法もあります。
    ただし,そちらは dvi-ware に対する依存度が高くなり,dviout は使えません。

注意事項

6953

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS