テキストを枠で囲みます。
rectbox 環境が,枠線を tpic-specials で描画するのに対し,
EMpsrectbox 環境は PostScript で描画します。
その効用は,
  枠線を太くしたとき
  コーナーを四分円にしたとき
など,綺麗につながる,というところにあります。
 

定義されているスタイルファイル

emathPs.sty

ただし,下請けが emathPb.sty にありますから
 \usepackage{emathPs}
 \usepackage{emathPb}
として用います。

書式

\begin{EMpsrectbox}[#1]<#2>
.....
\end{EMpsrectbox}

オプション引数 [#1]

key=val をコンマ区切りで並べます。

[debug] -- 枠を再描画

  使用例

基本例

EMpsrectbox01.png

[debug] オプション

emathPs.sty の仕様として,いったん作成された EPS ファイルは再描画されません。 したがって,枠内のテキストが変更され行数に異動があっても枠は前のままです。 基本例で,テキスト部が修正され,長くなったとしましょう。

EMpsrectbox-debug1.png

テキスト部と枠線(EPS file)は,左下を揃えた配置されますから, 長くなったテキスト部の先頭行は枠の外に飛び出しています。

枠を作り直すには,[debug]オプションをつけます。

EMpsrectbox-debug2.png

注意事項

  1. ページをまたぐことは出来ません。

関連事項

rectbox環境

11933

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS