&size(24){''\EMpswavebox''};~
&size(24){''\wavebox''};
 文字列を波線で囲みます。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#gd4c96a6]
emathPsb.sty~
 ただし,emathPs.sty を前提としますから
  \usepackage{graphicx}
  \usepackage{emathPs}
  \usepackage{emathPsb} [2013/01/02]
 として用います。graphicx.sty のロードに際しては,適切なドライバを指定することをお忘れなく。

*書式 [#l33a6a5e]
\EMpswavebox<#1>#2
-#1: key=val
-#2: 文字列

#1 における有効な key は
:[[backgroundcolor>#bgcolor]]| 背景色を指定します。
:[[framecolor>#framecolor]]| 枠線の色を指定します。
:[[framethickness>#framethickness]]| 枠線の太さを指定します。
:[[hvsep>#hvsep]]| 枠と文字列との間隔を指定します。
:[[wave>#wave]]| 波の周期・波高を指定します。
*例 [#e03b9a70]
**基本例 [#o890dd1a]
 文字列を波線で囲みます。
#ref(wavebox01.png)
-\wavebox が他のスタイルファイルと競合しない場合は,~
\EMpswavebox の省略名として \wavebox を用いることが出来ます。
**波の周期・波高 [#n03c519f]
 波線は,正弦曲線(を近似した3次ベジェ曲線)で描画されます。
 その周期・波高を変更するためのオプションが <wave=..> です。
#ref(wave01.png)
-wave=.. の右辺値は {周期}{波高} で,いずれも単位を伴う寸法です。~
ただし周期は,各辺が周期の整数倍となるよう調整されます。
-半周期で終わらせるためには,右辺の冒頭に * 1文字を付加します。
#ref(wave02.png)
-\EMpswavebox コマンドのデフォルトは~
  wave=*{5pt}{.5pt}~
としてあります。
**枠線と文字列との間隔 [#hvsep]
 波高が高くなると,枠線と文字列が干渉します。
#ref(hvsep01.png)
-これを調整するには <hvsep=..> オプションを用います。
#ref(hvsep02.png)
-このオプション <hvsep=..> などの詳細については~
  [[EMpsrectbox環境のページ>EMpsrectbox環境]]~
をご覧ください。
**枠線の太さ [#framethickness]
 枠線の太さは,pszahyou環境のデフォルト値 1pt です。
 これを変更するには
   <framethickness=..>
 オプションを用います。
#ref(framethickness01.png)
**枠線の色 [#framecolor]
 枠線に色を付けるには
   <framecolor=..>
 オプションを用います。
#ref(framecolor01.png)
**背景色 [#bgcolor]
 背景色を付けるには
   <backgroundcolor=..>
 オプションを用います。
#ref(bgcolor01.png)
-bgcolor は backgroundcolor と同義のキーです。
-枠線は要らない,ということなら
#ref(bgcolor02.png)
-枠線・背景・文字それぞれに異なる色を付けるという賑やかな例です。
#ref(bgcolor03.png)
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS