\EMtheorem
\newtheorem

LaTeX のコマンド \newtheorem を拡張したものです。
 

定義されているスタイルファイル

emathThm.sty

書式

\EMtheorem<#1>#2...
frame
\theoremstyle{boxed} とした場合,枠の種別を変更します(デフォルトは rectbox)。
frameoption
\theoremstyle{boxed} とした場合,枠環境(rectbox など)に対するオプションを指定します。
leftmargin
定理型環境内の左インデントを指定します(デフォルト値 = 1zw)。
postskipamount?
定理環境と次の段落との縦間隔(デフォルト値 = 8pt)
postThnum
定理番号に後置する文字列などを指定します。
preskipamount
定理環境と前の段落との縦間隔(デフォルト値 = 12pt)
\EMtheorem(\newtheorem) で定義された環境の代表を foo として
\begin{foo}<#1>[#2]
frameoption
\theoremstyle{boxed} とした場合,枠環境(rectbox など)に対するオプションを指定します。
leftmargin
定理型環境内の左インデントを指定します(デフォルト値 = 1zw)。
postskipamount?
定理環境と次の段落との縦間隔(デフォルト値 = 8pt)
postThnum
定理番号に後置する文字列などを指定します。
preskipamount
定理環境と前の段落との縦間隔(デフォルト値 = 12pt)
thbstrut?
\theoremstyle{break} における先頭行の支柱

LaTeX の \newtheorem

LaTeX で定義されている \newtheorem の使用例から見ていきます。
newtheorem01.png

theorem.sty の \newtheorem

theorem.sty で定義されている \theorembodyfont コマンドを用いるとテキスト部をローマン体とすることが出来ます。
newtheorem02.png

emathThm.sty の \newtheorem

emathThm.sty では,\newtheorem を拡張し,\EMtheorem と名付けていますが,
さらに \newtheorem を \EMtheorem と同義のコマンドとしています。
なお,theorem.sty の \newtheorem を \ltxnewtheorem の名前で保存してあります。
newtheorem03.png

左インデント

\EMtheorem では,定理型環境内は 1zw の左インデントが付きます。
これを変更するには,<leftmargin=..> オプションを用います。
下の例では,<leftmargin=0pt> として,左インデントなしとしています。
leftmargin01.png

\theoremstyle

theorem.sty で定義されたコマンド \theoremstyle を用いれば,
定理のレイアウトを変更することが出来ます。

枠囲み --- boxed ---

\theoremstyle{boxed} を宣言した後,\newtheorem で定義される定理型環境は
rectbox 環境内に配置され,枠囲みされます。
「定理」とその番号は,枠上辺左に出力されます。
boxed01.png
file上のソースリスト

rectbox環境へのオプション --- frameoption

rectbox環境など枠囲み環境へのオプションは
  \newtheorem<frameoption={...}>......
と,frameoption=.. の右辺値に記入します(右辺値全体を{...}とグルーピング)。
  1. 枠線と中の文との間隔を空ける例です。
    frameoption03.png
  2. 枠見出しと枠線との横間隔を空ける例です。
    frameoption02.png
  3. 枠コーナーを四分円とする例です。
    frameoption01.png
  4. 個別の環境に frameoption をつける例です。
    frameoption11.png

枠の種別変更 --- frame

デフォルトでは,枠環境は rectbox としてあります。
これを変更するには
  frame=...
オプションを用います。
frame01.png

枠内に「定理」

「定理 1」などを枠線上ではなく,枠内に出力したい,
ということなら,
  \theoremstyle{boxed}
は指定せず,単純に
  \newtheorem{teiri}{定理}
と定義し,rectbox環境など枠囲み環境の中で
  \begin{teiri}
   ...
  \end{teiri}
とするだけのことです。
boxed02.png

番号なし --- nonumber ---

\theoremstyle{nonumber} を宣言した後,\newtheorem で定義される定理型環境は
番号がつきません。
nonumber01.png
file上のソースリスト

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS