&size(24){''\Ikakezan''};
 整数の乗算を筆算形式で示します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#ra43c2af]
emathW.sty[2007/04/28]
*書式 [#uf211c06]
\Ikakezan<#1>#2#3
:#1| オプション引数で~
[[M>#mondainomi]] : 問題のみを表示します。~
[[A>#emathAe]] : emathAe.sty と連携して,答を巻末にまとめます。
:#2 #3| 乗算する2つの整数を与えます。
*例 [#u462d584]
**基本例 [#ic909d4a]
#ref(Ikakezan01.png)
**後ろの 0 [#b3444307]
 与えられた数の末尾に 0 が続く場合です。
 後ろにぶら下げる表現を実現するのが \Ikakezanz コマンドです。
#ref(Ikakezanz01.png)
**問題のみ [#mondainomi]
 オプション引数 <#1> に M を与えることで
 答は表示せず,問題のみを筆算形式で表します。
#ref(Ikakezan04.png)
**答を別に(1) 埋め込み [#emathAe]
 \Ikakezan に<A>オプションをつけることで,
 emathAe.sty を併用して,答を別にします。
 問題は通常形式,答は筆算形式となります。
 下は
   \usepackage[continue]{emathAe}
 としていますから,問題のすぐ後に答が表示されます。
 emathAe のロードオプションを
   maskanstrue/false
 とすれば,答を非表示にしたり/表示したり出来ます。
#ref(Ikakezan11.png)
**答を別に(2) 巻末にまとめる [#ed931c1d]
 次は,
   \usepackage{emathAe}
 としていますから,答は巻末にまとめられます。
#ref(Ikakezan12.png)
**答を別に(3) 問題を乱数で生成 [#y146b214]
 さらに,
   emathRn.sty
   emathQf.sty
 などと連動させて,問題を乱数で生成することも可能です。
#ref(Ikakezan13.png,wrap)
CENTER:&ref(Ikakezan13.tex,,上のソースリスト);
*関連事項 [#f1cde395]
+[[筆算]]
+[[\Itasizan>Itasizan]]
+[[\Ihikizan>Ihikizan]]
+[[\Iwarizan>Iwarizan]]
+[[\Rkakezan>Rkakezan]]
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS