&size(24){''\boxedtheorem''};
 定理型環境の一変形で,
 定理などを枠で囲み,
 枠上部に「定理1」などナンバリングを示します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#mbdcfa12]
emathThmbx.sty

*書式 [#y7ef7c92]
\boxedtheorem<#1>#2#3
-#1: key=val
-#2: 定理型環境名
-#3: 表示タイトル
-#1 における有効な key は
:[[frame>#frame]]| 枠の名称を指定します。
:[[frameoption>#frameoption]]| 枠環境へのオプションを記述します。

*例 [#je4f88b8]
**基本例 [#hccfa804]
   \boxedtheorem{rei}{例}
 とすることで,
   rei環境内の文を枠で囲み
 枠上部に
   例1, 例2, 例3, ....
 とナンバリングが打たれます。
#ref(boxedthm01.png)
#ref(boxedthm01p.tex,center,ソースリスト)
**枠の種別変更 [#frame]
 デフォルトの枠は,itembox環境です。
 これを変更するには
   <frame=...>
 オプションを用います。
***rectbox環境への変更 [#y844554e]
 枠の4隅を直角とするには,
   rectbox環境
 を用いますが,見出しの調整を行うため
   <frame=itemrectbox>
 とします。
#ref(rectbox01.png)
#ref(rectbox01p.tex,center,ソースリスト)
***psrectbox環境への変更 [#rb37e4a7]
 枠を psrectbox環境にしたいときは
   <frame=itempsrectbox>
 とします。
#ref(psrectbox01.png)
**枠環境へのオプション [#frameoption]
 枠環境へのオプションを指定したいときは
   <frameoption=...>
 の右辺値に,枠環境のオプションを記述します。
 その際,オプション文字も明示します。
+rectbox環境に対し,[itempos=c] オプションを付けます。
#ref(frameoption01.png)
+psrectbox環境に対し~
  itempos=c,~
  rectboxoval=6pt,~
を付けています。さらに,見出しと左右のケイ線との間隔をあけるため~
  preitem=~,~
  postitem=~~
オプションを付加しています。
#ref(frameoption02.png)
*注意事項 [#f372776f]
*関連事項 [#xdfd8f1a]
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS