&size(24){''\calcval''};
 計算を perl に外注し,結果を受け取ります。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#k5930020]
emathPp.sty

*書式 [#b11c6f2b]
\calcval[#1]#2#3
-[[#1>#format]]: perl の printf の書式指定~
デフォルトは [f] すなわち固定小数点形式の浮動小数点数
-#2: perl の計算式~
perl の文法で記述します。
TeX の制御綴りは展開されて perl に引き渡されます。
-#3: 結果を受け取る制御綴

*例 [#wc876ac3]
**基本例 [#l32076c0]
 perl を起動して計算をさせ,結果を受け取ります。
 計算式の部分は,そのまま perl に引き渡されますから,
 perl の文法に従って記述します。
 ただし,TeX の制御綴りは展開されて perl に渡されます。
#ref(calcval1.png)
**書式指定 [#format]
 デフォルトでは,perl の printf の書式指定が %f となっていますが,
 これを変更するオプションが [...] です。
 ... の部分は,perl の printf の書式指定の先頭 `%' を除去したものを与えます。
 次の例は [.4f] として,小数点以下4桁を指定しています。
 なお,この機能を利用して四捨五入をするのは危険です。
 下の注意事項をご覧ください。
#ref(calcval2.png)
 戻り値として整数を指定するには,[d] をオプションに指定します。
 なお,整数の桁数が多いときに,3桁ごとにコンマを入れるには
 emathKs.sty で定義されている \ketakugiri を用います。
#ref(calcval3.png)
 
*注意事項 [#z2401dfb]
+四捨五入をするのに書式指定を用いるのは危険です。
#ref(round.png)
*関連事項 [#af900d5b]
+perl printf の書式指定については,perl の解説書をご覧ください。~
例えば,「初めてのPerl」の場合~
  6.3.2 printf を使用した書式指定出力~
のところに解説があります。
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS