clipLline環境
cliplline環境
clipkline環境
clipgline環境

描画領域を,直線で二分された領域の一方(*)のみに限定します。
  (*) 上方(直線が鉛直の場合は右方)
基準となる直線を
  clipLline: 2点
  cliplline: 1点と方向ベクトル
  clipkline: 1点と方向角
  clipgline: 1点と傾き
で指定します。
 

定義されているスタイルファイル

emathPs.sty (から呼ばれる pszahyou.sty)

したがって,pszahyou(*)環境でのみ有効です。
PostScript 固有の機能に依存しますから,tpic specials での実現は困難です。

書式

hosyugo
描画領域を,直線で二分された領域の
下方(直線が鉛直の場合は左方)

clipLline環境

\En**\O{1} で,単位円の内部が斜線塗りされるはずですが,
  \begin{clipLline}\E\F
で始まる環境内にありますから,直線 EF の上側のみが斜線塗りされます。
clipLline01.png
file上のソースリスト

領域の指定

クリップ領域は直線の上側ですが,下側を指定したいときは
  <hosyugo>
オプションを付加します。
clipLline02.png

cliplline環境

境界の直線を
  1点と方向ベクトル
で指定するのが cliplline環境です。
cliplline11.png

clipkline環境

境界の直線を
  1点と方向角
で指定するのが clipkline環境です。
clipkline01.png

clipgline環境

境界の直線を
  1点と傾き
で指定するのが clipgline環境です。
clipgline01.png

ネスト

clipLline環境内に clipkline環境などを記述することで,
共通部分をクリップ領域に指定することも出来ます。
nest01.png

入試問題から

2009 岩手大file0009200914.tex0009200914fig.png
2218

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS