&size(24){''\emathPut''};
 文字列・図形を任意の場所に配置します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#w3bd80a2]
emathPh.sty

*書式 [#syosiki]
-&aname(stn-choku){標準の文字列配置指定(微調整:直交座標)};~
\emathPut[#1]#2(#3,#4)[#5]#6
--#1: 文字列の調整。key=val 形式で指定。~
&aname(key1){#1 で有効な key};
::[[background=white>#background]]| 文字列の背景を白で塗りつぶす。
::[[kaiten>#kaiten]]| 文字列を回転させる。回転角を指定する。
::[[houkou>#houkou]]| 文字列を回転させる。文字列と平行な方向ベクトルを指定する。
::[[from>#fromandto]]| 文字列を回転させる。文字列と平行な方向ベクトルの始点を指定する。
::[[to>#fromandto]]| 文字列を回転させる。文字列と平行な方向ベクトルの終点を指定する。

--#2: 文字列・図形を配置する座標。
--(#3,#4): 文字列の微調整。~
直交座標系式で指定。#3,#4 ともに単位付き数値で指定。
--#5: 文字列の配置指定。~
//r,l,t,b のいずれかを指定。順に 右,左,上,下 を表す。
r,l,t,b,c のいずれかを指定。順に 右,左,上,下,中央 を表す。~
デフォルトは c(中央)なので,[#5]を省略したときは中央配置となる。
--#6: 配置する文字列・図形。

-&aname(stn-kyoku){標準の文字列配置指定(微調整:極座標)};~
//\emathPut[#1]#2[r](#3,#4)#5
\emathPut[#1]#2[r](#3,#4)[#5]#6
--#1: 文字列の調整。key=val 形式で指定。[[上記#1>#key1]] と同じ。
--#2: 文字列・図形を配置する座標。
--(#3,#4): 文字列の微調整。#3:#2からの距離(単位付き数値) #4:横軸方向を0度としたときの角度(60分法)
//--#5: 配置する文字列・図形。
--#5: 文字列の配置指定。~
r,l,t,b, c のいずれかを指定。順に 右,左,上,下,中央 を表す。~
デフォルトは c(中央)なので,[#5]を省略したときは中央配置となる。
--#6: 配置する文字列・図形。

-&aname(kani){簡易文字列配置指定};~
\emathPut[#1]#2[#3]#4
--#1: 文字列の調整。key=val 形式で指定。[[上記#1>#key1]] と同じ。
--#2: 文字列・図形を配置する座標。
--#3: 文字列の配置指定;。~
n,s,e,w,ne,nw,se,sw のいずれかを指定。
順に 北,南,東,西,北東,北西,南東,南西 を表す。
--#4: 配置する文字列・図形。

-座標軸への垂線指定~
\emathPut#1[#2]#3
--#1: 文字列を配置する座標。
--#2: 座標軸に引く垂線と軸に下ろした足におく文字列の調整。key=val 形式で指定。~
&aname(key2){#2 で有効な key};
::&aname(syaeiXY){[[syaei>#syaei]]};| 軸に下ろす垂線の指定。~
x,y,xy のいずれかを指定。
順に x軸に垂線,y軸に垂線,x軸とy軸に垂線 を下ろす。
::[[houi>#houi]]| #3 の文字列の配置を指定。~
n,s,e,w,ne,nw,se,sw のいずれかを指定。
順に 北,南,東,西,北東,北西,南東,南西 を表す。
::&aname(xylabel){[[xlabel,ylabel>#label]]};| 垂線の足に配置する文字列を変更する。
::[[xpos,ypos>#pos]]| [[xlabel,ylabel>#xylabel]] で配置した文字列の微調整をする。
::[[syaeisensyu>#syaeisensyu]]| [[syaei>#syaeiXY]] で引いた垂線の線種を指定する。

>>以下,[[上記#2>#key2]] で指定できるemathPs.sty で定義されている
pszahyou(*)環境特有のオプションです。
:[[linewidth>#linewidth]]| pszahyou(*)環境における線の太さを変更します。
:[[dash>#dash]]| pszahyou(*)環境における線種を変更します。
:[[syaeiiro>#syaeiiro]]| 線の色を指定します。
*例 [#r9985e8e]
**基本例 [#j7621635]
 文字列・図形を任意の座標に配置します。
#ref(emathPut-ex1.png)

これでは,文字列 A や B が線分と重なってしまい具合がよくありません。
このような時は文字列 A ,B の配置を微調整します。
---簡易指定~
#ref(emathPut-ex2.png)
上記では点 \A に配置する文字列 A を w (西)に,
点 \B に配置する文字列 B を e (東)に修正しています。
詳しい設定は [[簡易文字列配置指定>#kani]] をご覧下さい。
---微調整(直交座標指定)~
#ref(emathPut-ex3.png)
上記では点 \A に配置する文字列 A をx軸正方向に -5pt,y軸正方向に 0pt だけ,
点 \B に配置する文字列 B をx軸正方向に 5pt,y軸正方向に 0pt だけそれぞれ平行移動しています。また,x,y軸正方向に対して移動する量は単位付きの数値となります(0pt だけは例外で 0 と指定することもできます)。
詳しい設定は [[標準の文字列配置指定(微調整:直交座標)>#stn-choku]] をご覧下さい。
---微調整(極座標指定)~
#ref(emathPut-ex4.png)
上記では点 \A に配置する文字列 A を点 \A を中心として半径 5pt,偏角 180度の位置に,
点 \B に配置する文字列 B を点 \B を中心として半径 5pt,偏角0度の位置に配置しています。半径の指定は単位付きの数値となります。
詳しい設定は [[標準の文字列配置指定(微調整:極座標)>#stn-kyoku]] をご覧下さい。

また,座標軸に垂線を下ろす [[syaei オプション>#syaei]]を使用したときに文字列の配置を調整する key で [[[houi=..]>#houi]] もありますのでリンク先をを参照してください。
**文字列の背景を白塗りします。 &aname(background){[background=white]}; [#ub46adcd]
 配置する文字列の背景を白で塗りつぶしてから文字列を配置します。
#ref(emathPut-ex5.png)
上記では文字列「塗りつぶし」の周りの白い部分がちょっと多いような気がします。
このようなときは \fboxsep の値を調整します。
#ref(emathPut-ex6.png)
この例では \fboxsep の値を 0pt にしています。
また,\fboxsep は色々なマクロで使用されている長さなので,
他に悪影響がないようにグルーピングをしっかりしておきましょう。
**文字列の回転(その1) &aname(kaiten){[kaiten=..]}; [#j5e1eaaa]
 文字列を回転させます。kaiten=val 形式で指定します。val には回転させる角度を60分法で指定します。

まずは,直線を描画してそこに関数の名前を表示してみましょう。
#ref(emathPut-ex7.png)
これでは,直線と文字列が重なって格好が悪いですね。
そこで kaiten オプションを使ってみましょう。
#ref(emathPut-ex8.png)
これで見栄えがよくなりました。他の方法として [[houkou オプション>#houkou]],または [[from オプションと to オプション>#fromandto]] を利用する方法があります。
**文字列の回転(その2)  &aname(houkou){[houkou=..]}; [#v36d3881]
 文字列を回転させます。houkou=val 形式で指定します。val には方向ベクトルの成分を指定して,文字列はそのベクトルと平行に表示されます。
#ref(emathPut-ex9.png)
このとき,方向ベクトルの成分は (1,1) ですが,houkou=(1,1) と指定すると (1,1) に
含まれる ',' が key の区切りとして判断されるのでエラーになります。
正しくは houkou={(1,1)} と指定します。他の方法として [[kaiten オプション>#kaiten]],または [[from オプションと to オプション>#fromandto]] を利用する方法があります。
また,今回は偶然にも方向ベクトルと点Aの位置ベクトルが一致しているので
次のようにもできます。
#ref(emathPut-ex10.png)
**文字列の回転(その3)  &aname(fromandto){[from=.. , to=..]}; [#a1c85dc8]
 文字列を回転させます。from=val1,to=val2 形式で指定します。val1 には
方向ベクトルの始点となる点の座標を,val2 には方向ベクトルの終点となる点の
座標を指定します。
文字列はそのベクトルと平行に表示されます。
#ref(emathPut-ex11.png)
このとき,始点や終点の座標を from=(0,0),to=(1,1) と指定すると (0,0) の "," が
key の区切りと判断されるのでエラーになります。
正しくは form={(0,0)},to={(1,1)} と指定します。他の方法として [[kaiten オプション>#kaiten]],または [[houkou オプション>#houkou]] を利用する方法があります。
また,今回は偶然にも(??当たり前か)始点の座標と点 O の座標が,
終点の座標と点 A の座標が一致しているので次のようにもできます。
#ref(emathPut-ex12.png)
**軸に垂線を引く  &aname(syaei){[syaei=.. ]}; [#sc0f2a4f]
 x軸,y軸に垂線を引きその足にそれぞれx座標,y座標を表示します。
#ref(emathPut-ex13.png)
syaei=val の val には xy,x,y の3通りが指定できます。
それぞれ x軸とy軸の両方,x軸のみ,y軸のみ に垂線を引き座標の成分を軸上に表示します。
このとき,x軸,y軸に下ろした垂線の足の座標はそれぞれ \syaeiX,\syaeiY に格納されています。
**[[syaeiオプション>#syaei]] を使用したときの文字列の位置を調整  &aname(houi){[houi=..]}; [#oa9b1033]
 配置する文字列の位置を調整します。簡易文字列配置指定の文字列の配置指定を指定します。
#ref(emathPut-ex14.png)
//このとき,houi=[ne] と指定すると [ne] の ']' がオプション引数を入力するための
//[key=val,key=val,..] の ']' と判断されるのでエラーとなります。
//正しくは houi={[ne]} と指定します。
**[[syaeiオプション>#syaei]] で垂線の足に表示された文字列(座標)の変更  &aname(label){[xlabel=.. ,ylabel=..]}; [#wa3cf7ea]
 xlabel,ylabel でそれぞれx軸,y軸に表示された文字列を変更します。
座標の成分が整数であれば特に問題はないのですが,小数になったときは xlabel,ylabel を用いて表示する文字列(座標)を変更します。
#ref(emathPut-ex15.png)
**[[syaeiオプション>#syaei]] で軸に表示された文字列の微調整  &aname(pos){[xpos=.. ,ypos=..]}; [#f0f29121]
 xpos,ypos でそれぞれx軸,y軸に表示された文字列の位置を微調整します。
#ref(emathPut-ex16.png)
このとき,xpos=[ne] と指定すると [ne] の ']' がオプション引数を入力するための
[key=val,key=val,..] の ']' と判断されるのでエラーとなります。
正しくは xpos={[ne]} と指定します。
**[[syaeiオプション>#syaei]] で引かれた線分の種類を指定(その1)  &aname(syaeisensyu){[syaeisensyu=..]}; [#h500d136]
 syaei オプションで引かれた線種を変更する。
#ref(emathPut-ex17.png)
syaeisensyu=val を指定したときエラーが出た場合は,上のように val に \protect を付けてみましょう.
**[[syaeiオプション>#syaei]] で引かれた線分の種類を指定(その2)  &aname(dash){[dash=..]}; [#ke2a809e]
 syaei オプションで引かれた線種を指定。
このオプションは ''pszahyou(*) 環境''でしか使用できません。
指定の方法は [[\setdash>setdash]] を参照してください。
#ref(emathPut-ex18.png)
**[[syaeiオプション>#syaei]] で引かれた線分の太さを指定  &aname(linewidth){[linewidth=..]}; [#k9420845]
 syaei オプションで引かれた線分の太さを指定。
このオプションは ''pszahyou(*) 環境''でしか使用できません。
指定の方法は [[\setlinewidth>setlinewidth]] を参照してください。
#ref(emathPut-ex19.png)
**[[syaeiオプション>#syaei]] で引かれた線分の色を指定   [#syaeiiro]
 syaei オプションで引かれた線分の色を指定。
このオプションは ''pszahyou(*) 環境''でしか使用できません。
#ref(syaeiiro01.png)
*注意事項 [#s21f837b]
+ \Put は \emathPut の別名です。~
\Put が他のスタイルファイルと競合する場合は,\emathPut を使用します。
*関連事項 [#db36aec8]
+[[\cPut>cPut]]
+[[\YTenPut>YTenPut]]
RIGHT:&counter;

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS