&size(24){''\emathPut''};
 文字列・図形を任意の場所に配置します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#w3bd80a2]
emathPh.sty

*書式 [#xc14750a]
-標準の文字列配置指定(微調整:直交座標)~
\emathPut[#1]#2(#3,#4)[#5]#6
--#1: 文字列の調整。key=val 形式で指定。~
&aname(key1){#1 で有効な key};
::[[background=white>#background]]| 文字列の背景を白で塗りつぶす。
::[[kaiten>#kaiten]]| 文字列を回転させる。回転角を指定する。
::[[houkou>#houkou]]| 文字列を回転させる。文字列と平行な方向ベクトルを指定する。
::[[from>#fromandto]]| 文字列を回転させる。文字列と平行な方向ベクトルの始点を指定する。
::[[to>#fromandto]]| 文字列を回転させる。文字列と平行な方向ベクトルの終点を指定する。

--#2: 文字列・図形を配置する座標。
--(#3,#4): 文字列の微調整。~
直交座標系式で指定。#3,#4 ともに単位付き数値で指定。
--#5: 文字列の配置指定。~
r,l,t,b のいずれかを指定。順に 右,左,上,下 を表す。
--#6: 配置する文字列・図形。

-標準の文字列配置指定(微調整:極座標)~
\emathPut[#1]#2[r](#3,#4)#5
--#1: 文字列の調整。key=val 形式で指定。[[上記#1>#key1]] と同じ。
--#2: 文字列・図形を配置する座標。
--(#3,#4): 文字列の微調整。#3:#2からの距離(単位付き数値) #4:横軸方向を0度としたときの角度(60分法)
--#5: 配置する文字列・図形。

-簡易文字列配置指定~
\emathPut[#1]#2[#3]#4
--#1: 文字列の調整。key=val 形式で指定。[[上記#1>#key1]] と同じ。
--#2: 文字列・図形を配置する座標。
--#3: 文字列の配置指定;。~
n,s,e,w,ne,nw,se,sw のいずれかを指定。
順に 北,南,東,西,北東,北西,南東,南西 を表す。
--#4: 配置する文字列・図形。

-座標軸への垂線指定~
\emathPut#1[#2]#3
--#1: 文字列を配置する座標。
--#2: 座標軸に引く垂線と軸に下ろした足におく文字列の調整。key=val 形式で指定。~
&aname(key2){#2 で有効な key};
::&aname(syaeiXY){[[syaei>#syaei]]};| 軸に下ろす垂線の指定。~
x,y,xy のいずれかを指定。
順に x軸に垂線,y軸に垂線,x軸とy軸に垂線 を下ろす。
::[[houi>#houi]]| #3 の文字列の配置を指定。~
n,s,e,w,ne,nw,se,sw のいずれかを指定。
順に 北,南,東,西,北東,北西,南東,南西 を表す。
::&aname(xylabel){[[xlabel,ylabel>#label]]};| 垂線の足に配置する文字列を変更する。
::[[xpos,ypos>#pos]]| [[xlabel,ylabel>#xylabel]] で配置した文字列の微調整をする。
::[[syaeisensyu>#syaeisensyu]]| [[syaei>#syaeiXY]] で引いた垂線の線種を指定する。

>>以下,[[上記#2>#key2]] で指定できるemathPs.sty で定義されている
pszahyou(*)環境特有のオプションです。
:[[linewidth>#linewidth]]| pszahyou(*)環境における線の太さを変更します。
:[[dash>#dash]]| pszahyou(*)環境における線種を変更します。

*例 [#r9985e8e]
**基本例 [#j7621635]
 文字列・図形を任意の座標に配置します。
#ref()
**文字列の背景を白塗りします。 &aname(background){<background=white>}; [#ub46adcd]
#ref()
**文字列の回転(その1) &aname(kaiten){<kaiten=.>}; [#j5e1eaaa]
 文字列を回転させます。<kaiten=60> で文字列が60度回転します。
#ref()
**文字列の回転(その2)  &aname(houkou){<houkou=.>}; [#v36d3881]
 文字列を回転させます。<houkou={(1,2)}> で文字列がベクトル(1,2)と平行になります。
#ref()
**文字列の回転(その3)  &aname(fromandto){<from=.. , to=..>}; [#a1c85dc8]
 文字列を回転させます。<from={(1,2)},to=(2,1)> で2点 (1,2),(2,1) を結んだベクトルと平行になります。
#ref()
**軸に垂線を引く  &aname(syaei){<syaei=. >}; [#sc0f2a4f]
 x軸,y軸に垂線を引きその足にそれぞれx座標,y座標を表示します。
#ref()
**配置する文字列の位置を調整  &aname(houi){<houi=..>}; [#oa9b1033]
 配置する文字列の位置を調整します。簡易文字列配置指定の文字列の配置指定を指定します。
**[[syaeiオプション>#syaei]] で垂線の足に表示された文字列(座標)の変更  &aname(label){<xlabel=.. ,ylabel=..>}; [#wa3cf7ea]
 xlabel,ylabel でそれぞれx軸,y軸に表示された文字列を変更します。
**軸に表示された文字列の微調整  &aname(pos){<xpos=.. ,ypos=..>}; [#f0f29121]
 xpos,ypos でそれぞれx軸,y軸に表示された文字列の位置を微調整します。
#ref()
**[[syaeiオプション>#syaei]](その1) で引かれた線分の種類を指定  &aname(syaeisensyu){<syaeisensyu=..>}; [#h500d136]
 syaei オプションで引かれた線種を指定。
#ref()
**[[syaeiオプション>#syaei]](その2) で引かれた線分の種類を指定  &aname(dash){<dash=..>}; [#ke2a809e]
 syaei オプションで引かれた線種を指定。
#ref()
**[[syaeiオプション>#syaei]] で引かれた線分の太さを指定  &aname(linewidth){<linewidth=..>}; [#k9420845]
 syaei オプションで引かれた線分の太さを指定。
#ref()
*注意事項 [#s21f837b]
+ その1~
\Put は \emathPut の別名です。
*関連事項 [#db36aec8]
+[[\cPut>cPut]]
+[[\YTenPut>YTenPut]]
RIGHT:&counter;

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS