\iiiPutStr

座標空間で文字列を配置したい場所がたてこんでいるときなど,少し離れた位置に文字列を置き,目的位置まで矢線をひきます。
 

定義されているスタイルファイル

emathPk.sty

書式

\iiiPutStr#1#2to[#3]#4
-#1: 文字列を配置する点
-#2: 文字列(\emathPut の配置オプションを前置することができます)。
-#3: 文字列から出る矢印を円弧にしたいときはその半径を指定する。

または,key=val 形式で,有効なキーは

  -- addvec
     終点の修正ベクトル
  -- arrowheadsize
     矢印のサイズを指定します(Zahyou 環境)。
  -- bezier
     矢線をbezier 曲線で描画します。(psZahyou 環境)。
  -- enkoH
     円弧と弦の距離を指定します。
  -- Hankei
     円弧の半径を指定します。
  -- linethickness
     線の太さを指定します。
-#4: 矢線の終点
     点#1に文字列#2 を配置し,そこから点#4に矢印をひきます。#1と#2の間\emathPutの配置オプションを置くことが出来ます。
2838

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS