\ngline

1点と法線の傾きを与えて直線を描画します。
 

定義されているスタイルファイル

emathPh.sty

書式

\ngline<#1>#2#3

dash
直線を破線で描画します。
hidariT
直線の左端点を保存します。
iro
直線をカラーで描画します。
linethickness
直線の太さを指定します。
migiT
直線の右端点を保存します。

基本例

1点と法線の傾きを与えて直線を描画します。
zahyou環境で設定した描画範囲外はクリップされます。
ngline01a.png

端点

\ngline で描画後,左右の端点の座標がそれぞれ
  \hidariT, \migiT
に保存されています。
tanten01.png

線の修飾

線の太さ

直線の太さを変更するオプションが <linethickness=..> です。
linethickness01.png

破線(1) -hasenLG-

直線を破線で描画するには <hasenLG=..> オプションを用います。
hasenLG01.png

破線(2) -dash-

pszahyou(*)環境では,<dash=..> オプションも使用可能です。
dash01.png

点線 -sensyu-

直線を点線で描画するには
  <sensyu=\emdottedline>
とします。
sensyu01.png

カラー

直線に色をつけるには,<color=..> オプションを用います。
iro01.png

法線

\YDiff を用いて,接線の傾きを求め,法線を描画する例です。
housen01.png

注意事項

関連事項

  1. 直線の描画
    2494

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS