&size(24){''orikaesitabular環境''};~
&size(24){''turntabular環境''};
 横に長い表を折り返します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#ne41fdde]
emathT.sty[2009/09/07]

*書式 [#vf8ebfa4]
 \begin{orikaesitabular}<#1>#2
 .....
 \end{orikaesitabular}

#1: key=val の形式で,有効なキーは
:[[columnlcr>#columlcr]]| 列の左・中央・右揃えを指定します(最左の見出し列を除く)。
:[[columnwidth>#retuhaba]]| 列の幅を均一にするとき,その幅を指定します。
:[[retuhaba>#retuhaba]]| columnwidth と同義のキーです。
:[[rowstrut>#rowstrut]]| 行の高さ+深さを均一にするとき,その支柱を指定します。

#2: 表の一番左の列(見出し)をコンマ区切で与えます。

*例 [#aca1c6ef]
**出発点は [#g7c0c9c9]
 横に長い表は,版面を超え,紙幅を超えて右にはみ出します。
#ref(orikaesitbl01.png)

**基本例 [#rf20a1fc]
 この表を版面を超えないように折り返そう,というのが orikaesitabular環境です。
#ref(orikaesitbl02.png)
#ref(orikaesitbl02.tex,center,上のソースリスト)

**列幅指定 [#retuhaba]
 列の横幅を一定にしたい場面もあるでしょうか。
 そのためのオプションが
   <retuhaba=...>
 です。
   <columnwidth=...>
 も同義のキーです。
#ref(retuhaba01.png)
#ref(retuhaba01.tex,center,上のソースリスト)

*注意事項 [#z3e52500]
-emathT.sty では,orikasitabular の名前で定義されています。~
他のスタイルファイルと競合しない場合は,turntabular も同義としてあります。

RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS