&size(24){''\EMpsfbox''};~
&size(24){''\psfbox''};
 \fbox の枠罫線を PostScript の画像として描画します。
 emathパッケージ内では,\EMpsfbox の名前で定義されていますが,
 他のスタイルファイルと競合しない場合は,\psfbox の名前で使用できます。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#qc90b2e6]
emathPsb.sty
 ただし,emathPsb.sty の前に emathPs.sty をロードしておく必要があります。
 次の手順が標準です。
   \usepackage{graphicx}
   \usepackage{emathPs}
   \usepackage{emathPsb}

*書式 [#j51c1d98]
\psfbox<#1>#2
-#1: key=val
-#2: 枠で囲まれるテキスト
-#1 における有効な key は
:[[backgroundcolor>#backgroundcolor]]| 背景色を指定します。
:[[bsep>#bsep]]| 下枠線とテキストとの間隔を指定します。
:[[dash>#dash]]| 枠線を破線で描画します。
:[[framecolor>#framecolor]]| 枠線の色を指定します。
:[[framethickness>#framethickensss]]| 枠線の太さを指定します。
:[[hasenLG>#hasenLG]]| 枠線を破線で描画します。
:[[hsep>#hsep]]| 左右の枠線とテキストとの間隔を指定します。
:[[hvsep>#hvsep]]| 上下左右の枠線とテキストとの間隔を一律に指定します。
:[[lsep>#lsep]]| 左枠線とテキストとの間隔を指定します。
:[[oval>#oval]]| コーナーの四分円の半径を指定します。
:[[rsep>#rsep]]| 右枠線とテキストとの間隔を指定します。
:[[shade>#shade]]| 枠線右・下に影をつけます。
:[[tsep>#tsep]]| 上枠線とテキストとの間隔を指定します。
:[[vsep>#vsep]]| 上下の枠線とテキストとの間隔を指定します。

*例 [#a439e3e6]
**基本例 [#qa189090]
 \fbox の枠罫線を PostScript の画像として描画します。
 単に四角の枠で囲むだけなら \fbox で十分です。
#ref(psfbox01.png)
#ref(psfbox01p.tex,center,ソースリスト)
**枠線とテキストの間隔 [#ta43b9dd]
 枠線と中のテキストとの間隔は \fboxsep に従います。
 それを変更するオプションを紹介します。
***左右の空き <hsep=..> [#hsep]
 左右の縦枠線と中のテキストとの間隔を変更するには
   <hsep=..>
 オプションを用います。右辺値は単位を伴う寸法です。
#ref(hsep01.png)
***上下の空き <vsep=..> [#vsep]
 上下の横枠線と中のテキストとの間隔を変更するには
   <vsep=..>
 オプションを用います。右辺値は単位を伴う寸法です。
#ref(vsep01.png)
***上下左右の空き <hvsep=..> [#hvsep]
 上下左右の余白を一律に指定するには
   <hvsep=..>
 オプションを用います。右辺値は単位を伴う寸法です。
#ref(hvsep01.png)
***左空き <lsep=..> [#lsep]
 左の縦枠線と中のテキストとの間隔を変更するには
   <lsep=..>
 オプションを用います。右辺値は単位を伴う寸法です。
#ref(lsep01.png)
***右空き <rsep=..> [#rsep]
 右の縦枠線と中のテキストとの間隔を変更するには
   <rsep=..>
 オプションを用います。右辺値は単位を伴う寸法です。
#ref(rsep01.png)
***上空き <tsep=..> [#tsep]
 上の横枠線と中のテキストとの間隔を変更するには
   <tsep=..>
 オプションを用います。右辺値は単位を伴う寸法です。
#ref(tsep01.png)
***下空き <bsep=..> [#bsep]
 下の横枠線と中のテキストとの間隔を変更するには
   <bsep=..>
 オプションを用います。右辺値は単位を伴う寸法です。
#ref(bsep01.png)
-以上のオプションは,当該 \psfbox にのみ有効です。~
\fboxsep の値を変更すれば,広範囲に有効となりますが,他の box にも影響します。
#ref(fboxsep01.png)
**枠線の修飾 [#zaa748a9]
***枠線の太さ <framethickness=..> [#framethickness]
 枠線の太さは,デフォルトでは 1pt です。これを変更するには
   <framethickness=..>
 オプションを用います。右辺値は単位を伴う寸法です。
#ref(framethickness01.png)
***枠線の色 <framecolor=..> [#framecolor]
 枠線の色を指定するには
   <framecolor=..>
 オプションを用います。右辺値はカラーネームです。
#ref(framecolor01.png)
-color.sty を必要とすることは当然です。
***枠線を破線で [#hasenLG]
 枠線を破線とするには
   <hasenLG=..>
 オプションを用います。
 右辺値は,
   描画する部分の長さ,ギャップの長さ
 で,いずれも単位を伴う長さです。
 右辺値は , を含みますから
   {描画する部分の長さ,ギャップの長さ}
 と中括弧で囲み,グルーピングをしておく必要があります。
#ref(hasenLG01.png)
-<dash=..> オプションも有効ですが,コーナーがギャップ部になってしまうことがありますので,<hasenLG=..> オプションをお勧めします。&aname(dash);
#ref(dash01.png)
-ただし,<oval> オプションとは同時使用ができませんから,その場合は <dash> オプションを用います。
***丸コーナー [#oval]
 四隅を丸くするには
   <oval=..>
 オプションを用います。右辺値は,コーナーの四分円の半径を単位を伴う寸法で指定します。
#ref(oval01.png)
#ref(oval01p.tex,center,上のソースリスト)
-枠線を破線とするには,<dash=..> を併用します。
#ref(ovaldash01.png)
-角の丸い表なども作れます。
#ref(oval02.png)
**背景色 [#backgroundcolor]
***背景色の指定 <backgroundcolor=..> [#raf5ff27]
 背景色を指定するには,
   <backgroundcolor=..>
 オプションを用います。右辺値はカラーネームです。
#ref(bgcolor01.png)
-色を gray 系列で指定する例です。
#ref(bgcolor02.png)
***枠線なし [#h2917fa7]
 枠線を描画したくないときは~
   <framethickness=0pt>~
 オプションを併用します。
#ref(bgcolor03.png)
-<oval> オプションとの併用例です。
#ref(bgcolor04.png)
***グラデーションもどき [#z45804ea]
#ref(grad01.png)
#ref(grad02.png)
*注意事項 [#kb66239d]
-\psfbox 一つごとに,EPS ファイルが作られます。~
これが煩わしい,という場合は [[\pIIefbox>pIIefbox]] コマンドを用いるという選択肢もあります(ただし,dviout は使えません)。
-\psfbox は pszahyou*環境です。したがって,pszahyou(*)環境内では使用できません。~
pszahyou(*)環境内に配置するには,[[\pszfbox コマンド>pszfbox]] を用います。
pszahyou(*)環境内に配置するには,[[\pszfbox コマンド>pszfbox]] を用います。~
ただし,pszahyou(*)環境内で,\psfbox が使われた場合は,\pszfbox に切り替わるようになっています。
*関連事項 [#g4a0da20]
RIGHT:&counter;



トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS