radarchart環境

レーダーチャート(レーダーグラフ, くもの巣グラフ,radar chart)を描画します。
 

定義されているスタイルファイル

emathGps.sty

書式

\begin{radarchart}<#1>[#2]#3
max
データの最大値を指定します(デフォルトは 1)
min
データの最小値を指定します(デフォルトは 0)
kizamisuu
目盛り線の刻み数(デフォルトは 5)
\plot<#1>#2
mark
データの一に配置する記号を指定します(デフォルトは無し)
iro など
\Takakkei のオプション

基本例

グラフは,pszahyou*環境において
  原点を中心とする半径 1 の円内
に描画されます。そのサイズは pszahyou*環境に対する [ul=..] オプションで指定することになります。
指定された軸の本数を n (下の例では n=5)として,正n角形の頂点と原点を結ぶ半径が軸となります。
このうち,鉛直上方に向かうものを主軸として扱い,データは主軸から時計の針と反対まわりにプロットされていきます。
radar01.png

目盛り数値の配置

目盛り数値は,\mPut コマンドにより,主軸上に配置されます。
\mPut の書式は,\yPut コマンドと同様です。
memori01.png

データのレンジ

プロットするデータ値は,デフォルトでは 0 〜 1 となっています。
これを変更する key が,min, max です。
また,目盛り線の個数を変更する key が kizamisuu です。
datarange01.png

軸名称の配置

主軸の端末点を表す制御綴が \XMAXi です。以下,時計の針と反対まわりに
  \XMAXi, \XMAXii, \XMAXiii, .....
が定義されています。
これらを用いて
  \Put or \tenretu**
で,軸名称を配置することが出来ます。
zikumei01.png

データのプロット

折れ線

データをプロットするには,\plot コマンドを用います。
データ数値は,コンマ区切の csv 形式で与えます(時計の針と反対まわり)。
plot01.png

頂点にマーク

頂点に黒丸など記号を配置するには,<mark=..> オプションで記号を指定します。
mark01.png
file上のソースリスト

折れ線の太さ

折れ線の太さを変更するには,<linethickness=..> オプションを用います。
linethickness01.png

破線

折れ線を破線で描画するには,<hasenLG=..> オプションを用います。
hasen01.png

カラー指定

折れ線の色を変更するには,<iro=..> オプションを用います。
iro01.png

塗りつぶし

プロットした多角形内部を塗りつぶすには,アスタリスク付きコマンド \plot* を用います。
nuri01.png

カラー塗り

カラー塗りをするには,\plot* コマンドに <nuriro=..> オプションをつけます。
nuriiro01.png

入試問題から

2009 センター(地理B)file0000200901tiriB.tex0000200901fig.png
3441

トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS