&size(24){''\zahyouMemori''};
 座標平面に,格子のグリッド線,軸上にメモリ数値を打ちます。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#reed824f]
emathPh.sty
 emathPxy.sty で機能拡張が行われていますが,それについてはこちらをご覧ください。
 emathPs.sty では,PostScript 特有の機能が追加されていますが,それについてはこちらをご覧ください。
-emathPxy.sty で機能拡張が行われていますが,それについては[[こちら>zahyouMemori-Pxy]]をご覧ください。
-emathPs.sty では,PostScript 特有の機能が追加されていますが,それについてはこちらをご覧ください。
*書式 [#r32b7435]
\zahyouMemori[#1][#2]<#3>
-#1 : g : グリッド
      + : 格子点に +マーク
      o : 格子点に黒丸
      z : 座標軸上の格子点に +マーク
-#2 : n : グリッドのみで,目盛り数値を打たない.
-#3 : 刻み(x,y軸共通)
:#1 |g : [[グリッド>#jb5abc41]]~
&#x2b; : [[格子点に +マーク>#m062dd90]]~
o : [[格子点に黒丸>#w92bd0d8]]~
z : 座標軸上の格子点に + マーク(デフォルト)~
n : なし
:#2 | n : [[グリッドのみで,目盛り数値を打たない.>#kffaa409]]
:#3 | [[刻み値(x,y 軸共通,デフォルトは 1)>#a464c986]] 

*例 [#l84b662c]
**基本例 [#idbd408d]
 説明
 \zahyouMemori の基本機能は
   x,y 軸上に 1刻みにメモリ数値を打ち
   + マーク
 を附加します。
#ref(Ph01.png)
**<.> 刻み指定オプション [#a464c986]
#ref(Ph01.png)
 デフォルトの 刻み値 1 を変更したいときは <..> オプションを用います。
#ref(Ph02.png)
**[g] グリッド描画オプション [#jb5abc41]
 メモリを打つだけではなく,その点を通り座標軸に平行な直線をひき
 グリッド線を描画します。
#ref(Ph-g1.png)

>>グリッド線は破線で引かれますが,破線の形状を変えるには
[[\hasenLG  コマンド>hasenLG]]を用います。

#ref(Ph-g2.png)
CENTER:&ref(ph-g2.pdf,,上のPDF ファイル);
>>破線の太さ変更,破線ではなく直線で描画したい場合は,
emathPxy.sty による拡張機能が必要です。
**[+] 格子点に + マーク [#m062dd90]
#ref(Ph-+.png)
**[o] 格子点に黒丸 [#w92bd0d8]
#ref(Ph-o.png)
**メモリ数値なし [#kffaa409]
 メモリ数値を打ちたくないときは,[#2]に[n]を与えます。
 このとき,格子の状態を示す[#1]は必ず付けた後,[n]を附加します。
#ref(Ph-2n.png)
*注意事項 [#n6194f54]
+ その1
*関連事項 [#f3b6dc08]
+[[\xmemori>xmemori]]
+[[\ymemori>ymemori]]
+[[\xPut>xPut]]
+[[\yPut>yPut]]
RIGHT:&counter;


トップ   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS