&size(24){''\zyunretu''};~
&size(24){''\kumiawase''};~
&size(24){''\Zyunretu''};~
&size(24){''\Kumiawase''};~
 順列・組合せの総数を表す記号です。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#te07113f]
emath.sty

*書式 [#h8821d09]
 \zyunretu#1#2
-異なる #1個のものから #2個を取り出す順列の総数を表します。


*例 [#f3c51183]
**\binom [#u7f07ee4]
 二項係数を表す記号として,amsmath.sty に \binom コマンドが用意されています。
#ref(binom01.png)
-分数で,\frac にたいして,\dfrac, \tfrac があるように~
   \displaystyle\binom の省略形 \dbinom~
もあります。
#ref(binom02.png)
**nCr [#c5de358f]
 日本の初等教育では,記号として上の \binom ではなく,nCr の方がよく使われます。
 LaTeX でそれを出力するには,_ を用います。
#ref(nCr02.png)
-C の左にある _n は,その左に文字があるとそちらに付いてしまいますから,
次のようにする方が安全です。
#ref(nCr03.png)
-C は数式イタリックではなく,ローマン体にする習慣です。
#ref(nCr04.png)
**emath では [#nf8e23a4]
 emath で用意した簡略記号です:
#ref(nCr01.png)
*関連事項 [#ge87bdda]
-[[数式記号]]
--[[\kaizyou>kaizyou]]
-[[数学A]]
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS