&size(24){''\EMendnote''};~
&size(24){''\prEMendnotes''};
 注を巻末に集めます。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#tfa14247]
EMendnotes.sty

*書式 [#ze7a60c1]
\EMendnote#1
-#1: 注の内容

\prEMendnotes
-注を出力する。

*例 [#m5055209]
**endnotes.sty [#zad2c31f]
 注を巻末に集めるには,endnotes.sty を用いるのが標準とされています。
 簡単な使用例を見ておきます。
#ref(endnote01.png)
-align*環境内の注が二重に出力されています。
-この例では,emath は使用していません。~
amsmath, endnotes だけでこの現象が発生します。
-この現象を回避するために,\EMendnote を作成しました。
**EMendnotes.sty [#i1658372]
 EMendnotes.sty で定義されている \EMendnote を使用すれば,
 注が二重に出力されることはありません。
#ref(EMendnote01.png)
*注意事項 [#yb3236fb]
*関連事項 [#q9d3b327]
-[[掲示板 #7573>http://hpcgi3.nifty.com/emath/treebbs.cgi?kako=1&all=7573&s=7573]]
で登場した問題が発端です。
-[[注釈]]
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS