&size(24){''EMpIIeframed環境''};
 ページをまたぐ囲みを作ります。
 枠を pict2e.sty で描画します。
 実質,PostScript ですが,EPS ファイルを作らずに描画します。
 ただし,Windows における dviout は対応していません。

#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#v140587d]
EMpIIeframed.sty

 ただし,dvi-ware 依存ですから,ロードオプションが必須です。
   \usepackage[dvips]{EMpIIeframed}
   \usepackage[dvipdfm]{EMpIIeframed}
   \usepackage[dvipdfmx]{EMpIIeframed}
 のいずれかです。

*書式 [#rbcc3c20]
 \begin{EMpIIeframed}[#1]
    .....
 \end{EMpIIeframed}

-#1: key=val
--#1 における有効な key は 
:[[backgroundcolor>#backgroundcolor]]| 背景色を指定します。
:[[bitem>#bitem]]| 枠下辺に見出しを付加します。
:[[bitempos>#bitem]]| 枠下辺の見出し位置を指定します。
:[[dash>#dash]]| 枠線を破線で描画します。
:[[framecolor>#framecolor]]| 枠線の色を指定します。
:[[framethickness>#framethickness]]| 枠線の太さを指定します。
:[[hasenLG>#hasenLG]]| 枠線を破線で描画します。
:[[hsep>#hvsep]]| 左右の枠線と枠内テキストとの間隔を指定します。
:[[hvsep>#hvsep]]| 枠線と枠内テキストとの間隔を指定します。
:[[item>#item]]| 枠上辺に見出しを付加します。
:[[itempos>#item]]| 枠上辺の見出し位置を指定します。
//:[[kagi>#kagi]]| 左(右)枠線の上下端に短い水平罫線を付加します。
:[[LRonly>#LRonly]]| 左右の罫線のみを描画します。
:[[Lonly>#Lonly]]| 左罫線のみを描画します。
:[[rectboxoval>#rectboxoval]]| 枠のコーナーを丸くします。
:[[rectboxparindent>#rectboxparindent]]| 枠内テキストについて,段落冒頭の字下げを指定します。
:[[shade>#shade]]| 枠線右・下に影をつけます。
:[[shadecolor>#shade]]| 影の色を指定します。
:[[vsep>#hvsep]]| 上下の枠線と枠内テキストとの間隔を指定します。


*例 [#d474b417]
**基本例 [#k405027b]
 ページをまたぐことができる枠囲みです。
 EMpsframed環境が,EPS ファイルを作って読み込むのに対して,
 EMpIIeframed環境は \specials で対応します。

#ref(ex01a.png,wrap)
#br
#ref(ex01b.png,wrap)
CENTER:&ref(ex01p-dvips.tex,,上のソースリスト(dvips));
CENTER:&ref(ex01p-dvipdfmx.tex,,上のソースリスト(dvipdfmx));
-上の図はページをまたぐことを明示していますが,この後の図は一ページに収まったものを示しています。~
もちろんページをまたぐことは可能ですが,そのような図を用意することは面倒なので手抜きです。

**枠内のテキスト部と枠線との間隔 − [hsep=..,vsep=..,hvsep=..] オプション [#hvsep]
枠内のテキスト部と枠線との間隔は \fboxsep に従います。
これを変更するには,\fboxsep を変更すればよいわけではありますが,
\fbox などにも影響を及ぼしますから,rectbox環境独自の変更法を用意してあります。

 まずは,左右の罫線とテキスト部との間隔です。[hsep=..]の右辺値は単位つきの長さです。
#ref(hsep1.png)
 上下の罫線との間隔変更は [vsep=..] オプションです。
#ref(vsep1.png)
 もちろん,両者を併用することも出来ますが
#ref(hvsep1.png)
 両者が同じ長さのときは [hvsep=..] オプションでまとめて指定できます。
#ref(hvsep2.png)

**段落先頭のインデント -- [rectboxparindent=..]オプション [#rectboxparindent]
EMpsrectbox環境は,実質 minipage環境です。したがって段落先頭のインデントはつきません。
#ref(parindent01.png)
-必要な場合は[rectboxparindent=..]オプションを用います。
#ref(parindent02.png)
-このオプションは,当該環境に対してのみ働く局所的オプションです。~
もっと広範囲に有効とするには,[[\rectboxparindentコマンド>rectboxparindent]]を用います。

**見出し [#kb933a23]
 枠の上辺または下辺に見出しをつけることができます。
***上辺に見出し [#g8b589a6]
 枠の上辺に見出しをつけるのが,
   [item=...]
 オプションです。
#ref(item01.png)
-見出しの位置は,itempos=.. オプションで指定します。右辺値は~
  l(左:デフォルト), c(中央), r(右)~
のいずれかです。
#ref(item02.png)
#ref(item02p-dvips.tex,center,サンプルリスト(dvips))
#ref(item02p-dvipdfmx.tex,center,サンプルリスト(dvipdfmx))

**枠線の修飾 [#g07f0187]
***枠線の太さ指定 --[framethickness=..] オプション [#framethickness]
 pict2e.sty では,線の太さは LaTeX のデフォルト値 0.4pt に揃えてあります。
 これを変更するオプションが [framethickness=..] オプションです。
 右辺値は 単位を伴う長さです。
#ref(framethickness01.png)
***破線指定(1) --[dash=..] オプション [#dash]
 枠線を破線とするオプションが [dash=..] です。
#ref(dash01.png)
***破線指定(2) --[hasenLG=..] オプション [#hasenLG]
 dash オプションの場合,コーナーがギャップ部となってしまうことがあります。
 hasenLG オプションですと,コーナーが明確になるという利点がありますが,
 rectboxoval オプションとは併用できません。
#ref(hasenLG01.png)
***枠線の色指定 --[framecolor=..] オプション [#framecolor]
 枠線に色をつけるには [framecolor=..] オプションを用います。
 右辺値はカラーネームです。
#ref(framecolor01.png)
#ref(hasenLG01p-dvips.tex,center,サンプルリスト(dvips))
#ref(hasenLG01p-dvipdfmx.tex,center,サンプルリスト(dvipdfmx))

***影付き --[shade=..] オプション [#shade]
 枠線右・下に影をつけるには,[shade] オプションを用います。
#ref(shade01.png)
-影の色を指定するには,[shadecolor=..] オプションを用います。
#ref(shadecolor01.png)
#ref(shadecolor01p.tex,center,ソースリスト)

**枠の形状 [#k21278bc]
 デフォルトでは,枠罫線は長方形で,四隅は直角の折れ線です。
 この形状を変更するオプションを紹介します。
***コーナーを丸く --[rectboxoval=..] オプション [#rectboxoval]
 コーナーを四分円にするのオプションが [rectboxoval=..] です。
 右辺値は四分円の半径(単位を伴った寸法)です。
#ref(oval01.png)
-この場合,四隅において罫線と中のテキストとの間隔が窮屈になりますから,
[hvsep=..] などで調整した方が良いでしょう。
#ref(oval02.png)

**背景色指定 --[backgroundcolor=..] オプション [#backgroundcolor]
テキスト部に背景色をつけるオプションです。
#ref(bgcolor01.png)
#ref(bgcolor01p-dvips.tex,center,サンプルリスト(dvips))
#ref(bgcolor01p-dvipdfmx.tex,center,サンプルリスト(dvipdfmx))
-bgcolor も backgroundcolor と同義のキーです。

**zahyou環境(tpic)との併用 [#tpic]
 zahyou(*)環境との併用は出来ません。
 pict2e.sty, epic.sty はともに,LaTeX の picture環境を拡張しますが,
 その指向は全く異なります。
#ref(tpic01.png)
-zahyou環境で,第1象限内の円弧を描画したつもりが,円全部が描画され,
その半径も指定したとおりになっていません。~
EMpIIeframed環境の外でも駄目です。pict2e.sty をロードした文書全体で
zahyou(*)環境は使えなくなっています。 
-emath では,pIIeframed.sty のロードオプションに [tpic] を用意し,
限定的ではありますが,zahyou(*)環境との併用を可能としています。
#ref(tpic02.png)
CENTER:&ref(tpic02-dvips.tex,,上のソースリスト(dvips));
CENTER:&ref(tpic02-dvipdfmx.tex,,上のソースリスト(dvipdfmx));

-pict2e.sty をロードしたと言うことは,PostScript を指向したことになるのですから~
zahyou(*)環境ではなく,pszahyou(*)環境を用いるべきなのではないでしょうか。~
pszahyou(*)環境を用いるには,ロードオプション [tpic] は不要です。というより使うべきではありません。
#ref(tpic03.png)
CENTER:&ref(tpic03-dvips.tex,,上のソースリスト(dvips));
CENTER:&ref(tpic03-dvipdfmx.tex,,上のソースリスト(dvipdfmx));

*注意事項 [#rb6726f5]
+pict2e.sty のバージョンについて~
pict2e.sty のバージョンは~
  2011/04/05 v0.2y~
を想定しています。これより古いものではエラーが出るでしょう。
+この方式は,dvipdfm(x)を用いて PDF を作るには最適の方式です。~
PostScript で EPS を経由する方式では,gs が介在します。~
ところが,pict2e.sty の方式では,~
[dvipdfm(x)] オプションをつけたときは,直接 PDF 用の specials~
を DVI に埋め込みますので, gs は介在しません。
+Windows における dviout は,pict2e.sty に対応していません。~
このページにあるリストをタイプセットした dvi ファイルを dviout で閲覧・印刷することは出来ません。

*関連事項 [#j10b0d03]
-[[囲み枠]]
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS