&size(24){このページは &color(red){obsolete}; です。};~
[[\psfbox>psfbox]] をお使いください。

&size(24){''[[\EMpsRectbox>EMpsRectbox]]''};
 テキストを枠で囲みます。
 枠線は,PostScript で描画されます。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#tfd4bce3]
emathPs.sty~
 ただし,下請けが emathPb.sty にありますから
  \usepackage{emathPs}
  \usepackage{emathPb}
 として用います。

*書式 [#a234b85b]
 \EMpsRectbox[#1]#2
-#1: key=val
-#2: テキスト
--#2 に与えられたテキストを枠で囲みます。~
--オプション引数[#1]は[[EMpsrectbox環境]]と同じですが,その他に
:[[Fdilutecolor>#Fdilutecolor]]| 薄めの度合いを指定する関数を指定
:[[Ndilutecolor>#Ndilutecolor]]| 背景色を段階的に薄めるときの段階数(デフォルト値:10)
:[[pos>#pos]]|ベースラインの位置を指定
:[[XYdilutecolor>#XYdilutecolor]]| 背景色を段階的に薄めます。~
右辺値は x または y で,~
  XYdilutecolor=x とすれば水平方向に~
  XYdilutecolor=y とすれば鉛直方向に~
段階的に背景色を薄めます。

*例 [#z0e12641]
**基本例 [#s64f3656]
 EMpsrectbox環境が,版面横いっぱいに拡がるのに対し
 \EMpsRectboxコマンドは,引数のサイズを計測し,それが収まるサイズの枠を作成します。
#ref(Rectbox01.png)
---枠の形状,枠とテキストの間隔などはオプション引数 [#1] で調整できますが,~
その機能については[[EMpsrectbox環境]]と同一ですから,[[そちら>EMpsrectbox環境#syosiki]]をご覧ください。
**\EMpsRectbox のベースライン [#pos]
 細かいことですが,左右の文と\EMpsRectbox 内の文のベースラインが少しずれています。
 左右の文のベースラインを黒で,\EMpsRectbox 内の文のベースラインを赤で示しています。
 赤の線が黒の線より若干下がっています。
#ref(Rectbox01c.png)
 これを揃えるには,\EMpsRectbox に [pos=t] オプションを付加します。
#ref(Rectbox01t.png)
-`t'オプションは,\EMpsRectbox の中を構成している minipage環境に引き渡されます。
**白抜き [#c4670737]
#ref(Rectbox02.png)
**角の丸い表 [#x02037a8]
#ref(Rectbox11.png)
CENTER:&ref(Rectbox11p.tex,,上のソースリスト);
**背景色を段階的に薄める [#XYdilutecolor]
***水平方向 [#xdilute]
 [XYdilutecolor=x] オプションで,背景色を水平方向に薄めます。
#ref(XYdilutecolor01.png)
CENTER:&ref(XYdilutecolor01.tex,,上のソースリスト);
***鉛直方向 [#ydilute]
 [XYdilutecolor=y] オプションで,背景色を鉛直方向に薄めます。
#ref(XYdilutecolor02.png)
CENTER:&ref(XYdilutecolor02.tex,,上のソースリスト);
***段階数 [Ndilutecolor] [#Ndilutecolor]
 [XYdilutecolor=x] で,水平方向に背景色を薄めるとき,~
 水平方向を10等分して色を薄めています。~
 この分割をさらに細かくすれば,色の変化が滑らかになるでしょう。下の例では
   [Ndilutecolor=40]
 として,40等分しています。
#ref(Ndilutecolor01.png)
CENTER:&ref(Ndilutecolor01.tex,,上のソースリスト);
***薄める度合いを指定する関数 [#la0f86af]
 背景色を薄める度合いは,0から1まで等差数列的になっていますが,
 これを関数で指定することができます。下の例では
   [Fdilutecolor=0.5*2**X-0.3]
 として,0.2から0.7まで指数関数的に変化させています。
#ref(Fdilutecolor01.png)
CENTER:&ref(Fdilutecolor01.tex,,上のソースリスト);
 Fdilutecolor=.. オプションは,鉛直方向に対しても有効です。
#ref(Fdilutecolor02.png)
CENTER:&ref(Fdilutecolor02.tex,,上のソースリスト);
*関連事項 [#x086f26a]
+[[EMpsrectbox環境]]
+[[Rectbox]]
+[[\dilutecolor>dilutecolor]]
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS