&size(24){''\dectoN''};
 十進法で与えられた数をn進法で表します。
-逆に,n進法で与えられた数を十進法で表すには,[[\Ntodec>Ntodec]] を用います。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#h34d0020]
emNsinhou.sty

*書式 [#x8311c6d]
\dectoN<#1>_#2#3#4
-#1: key=val
-#2: n(2 以上の自然数)
-#3: 十進法で表された数
-#4: n進法で表された文字列を受領する制御綴
#1 における有効な key は
:[[show>#showdectoN]]| 変換経過を筆算形式で表すマクロ \showdectoN を作成します。

*例 [#n3cd5098]
**基本例 [#zebcce3f]
 十進法で 18 と表された数を 2進法で表す例です。
#ref(dectoN01.png)
**変換過程を筆算で(1) [#showdectoN]
 変換の途中経過を筆算で示すには
   <show>
 オプションをつけたうえで
   \showdectoN
 コマンドを用います。
#ref(showdectoN01a.png)
-結果の数字の並べ方を矢印で示します。
#ref(showdectoN02.png)
-ここで用いている手法は,~
  筆算全体を \EMfbox(枠の太さ 0)に入れ,~
  その右下(\RB)から右上(\RT)に向かう矢線を~
  \Hamidasisenbun で縮めて~
います。
**変換過程を筆算で(2) [#y887bd4a]
 デフォルトでは,筆算を「商が 0 になるまで」実行していますが,
 「商が基数より小さくなったところで止める」という示し方もあります。
 それを実現するコマンドが \endshowq{1} です(デフォルトは \endshowq{0})。
#ref(endshowq01.png)
-この場合,結果の数字の並べ方を示す矢印は折れ線となります。
#ref(endshowq02.png)
-コーナを丸くしたい,色をつけたい,となれば,PostScript を使うことになります。
#ref(endshowq03.png)
**有限小数の場合 [#g60f8ce9]
 有限小数を変換することも可能です。
#ref(syousuu01a.png)
-結果は循環小数となることもあります。
#ref(syousuu02a.png)
-このオプションを付加すると,\EMfbox を用いることとなりますから~
  \usepackage{EMfbox}~
としておくことが必要です。
**\dectoNprompt [#s91937f5]
 \showdectoN コマンドで筆算を出力する場合,冒頭に
    整数部分:
    小数部分:
 というプロンプトを出力しますが,これを変更するコマンドが
    \dectoNprompt#1#2
      #1: 整数部分プロンプト
      #2: 小数部分プロンプト
 です。デフォルトでは
    \dectoNpromput{整数部分:\\}{小数部分:\\}
 が実行されています。
 どちらも空文字列にする例です:
#ref(dectoNprompt01.png)
**\dectoN* コマンド [#rdf8f4cf]
 \dectoN コマンドの出力は1文字ずつ \hbox でくるまれています。
 これは,基数が 10 を超えると 
 --- 例えば 250 を十六進数に変換すると FA となりますが,
     \dectoN_{16}{250}\foo
 の結果を単に 'FA' として戻すと,数式モード内では数式イタリックとなるなど
 想外の結果となるでしょう。そこで,\foo として戻すものは
   \hbox{F}\hbox{A}
 としてあります。
 しかし,場合によっては \hbox が迷惑な場合もあります。
#ref(dectoNast01.png)
-\bm をかぶせたのに太字になりません。これは \hbox が \bm の影響を遮っているためです。~
そこで,*付きのコマンド \dectoN* を用いた場合は戻り値に \hbox を介さないようにしてあります。
#ref(dectoNast02.png)

*注意事項 [#s0232d57]
*関連事項 [#md3baef4]
-[[数値計算]]
--[[n進法>数値計算#Nsinhou]]
---[[\Ntodec>Ntodec]]
--[[\Ntodec>Ntodec]]
-[[筆算]]
-[[数学A]]
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS