&size(24){''\emkasenbox''};
 行をまたぐ \fbox です。

#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#d57a41de]
emkasen.sty

*書式 [#nc63f48a]
 \emkasenbox<#1>#2
-#1: key=val
-#2: ボックスの中身
#1 における有効な key は
:[[backgroundcolor>#backgroundcolor]]| 背景色
:[[bsep>#hvsep]]| 中のテキストと下罫線との間隔
:[[framecolor>#framecolor]]| 枠罫線の色
:[[framethickness>#framethickness]]| 枠罫線の太さ
:[[hsep>#hvsep]]| 中のテキストと左右罫線との間隔
:[[hvsep>#hvsep]]| 中のテキストと罫線との間隔
:[[lsep>#hvsep]]| 中のテキストと左罫線との間隔
:[[rsep>#hvsep]]| 中のテキストと右罫線との間隔
:[[tsep>#hvsep]]| 中のテキストと上罫線との間隔
:[[vsep>#hvsep]]| 中のテキストと上下罫線との間隔

*例 [#f808d832]
**基本例 [#m3051007]
 \fbox は行をまたぐことは出来ません。
 版面右にはみ出します。
#ref(fbox01.png)

 行をまたぐには,吉永 徹美 氏が公開しておられる uline--.sty における
   \uline, \oline
 をネストさせる方法があります。
 emath パッケージでは,emkasen.sty において \emkasenbox コマンドで実現しています。
#ref(emkasenbox01.png)
#ref(emkasenbox01p.tex,center,上のソースリスト)

-uline--.sty については~
http://www.h4.dion.ne.jp/~latexcat/macros/macro-index.html

**枠線の色 [#framecolor]
 枠線の色を変更するには <framecolor=..> オプションを用います。
#ref(framecolor01.png)

**背景色 [#backgroundcolor]
 背景色を指定するには <backgroundcolor=..> オプションを用います。
#ref(backgroundcolor01.png)
-カラーモデル gray を使用した例です。
#ref(backgroundcolor02.png)
#ref(bgcolor02p.tex,center,上のソースリスト)

*注意事項 [#q6e00c2a]
-emathT.sty を併用するときは,~
  emkasen.sty を先に~
  emathT.sty を後に~
ロードしなければなりません。
([[BBS #9688>http://emath.a.la9.jp/xdir/bbs/treebbs.cgi?kako=1&all=9688&s=9688]])

*関連事項 [#e0f71598]
-[[囲み枠]]
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS