&size(24){''\gozyohou''};~
&size(24){''\Gozyohou''};
 二つの自然数を与えて,その最大公約数をユークリッドの互除法を用いて求める筆算経過を示します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#yaabd859]
emathW.sty

*書式 [#bc907b08]
\gozyohou[#1]#2#3
-#1: 結果を受け取る制御綴
-#2, #3: 二つの自然数

*例 [#hdfcfe0b]
**\gozyohou [#hd214bc6]
 二つの自然数の最大公約数を求めるユークリッドの互除法の計算経過を筆算形式で示します。
#ref(gozyohou01.png)
 \gozyohou は,経過を示すだけですが,結果も同時に得たければ,
 オプション引数 [#1] に制御綴を与えておきます。
#ref(gozyohou02.png)
**\Gozyohou [#xeb232ff]
 別の表現形式として,割り算の筆算を横に並べる方法もあります。
#ref(gozyohou11.png)
 結果を受け取るのに [#1] オプションを使う,というのは \gozyohou と同様です。
#ref(gozyohou12.png)
*注意事項 [#x38c4004]
*関連事項 [#ac98e8c8]
-[[数値計算]]
--[[整数計算>数値計算#seisuu]]
---[[\IGCM>IGCM]]
--[[筆算]]
---[[\HissanGCM>HissanGCM]]
---[[整数係数多項式に対する互除法>iPgozyohou]]
---[[複素数(ガウス整数)に対する互除法>Ggosyozhou]]
-[[数学A]]
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS