&size(24){''\iiiHamidasisenbun(*)''};~
&size(24){''\iiiHamidasisenbuns''};
 座標空間内に,両端をいくらか延ばした(はみ出した)線分を描画します。
#contents
#br
*定義されているスタイルファイル [#e923a7ec]
emathPk.sty
-場面によっては perl呼び出しを行います(要:emathPl.sty)
*書式 [#c9c84819]
 \iiiHamidasisenbun[#1]<#2>#3#4#5#6
-#1 : key=val で,有効なキーは
:[[hidariM>#hidariM]]|左にはみ出した点に文字列を出力する(方位のデフォルトは[w])
:[[hidariT>#hidariT]]|左にはみ出した点 (\hidariT) に名前をつけて保存
:[[migiM>#hidariM]]|右にはみ出した点に文字列を出力する(方位のデフォルトは[e])
:[[migiT>#hidariT]]|右にはみ出した点 (\migiT) に名前をつけて保存
-#2 : [[\Drawline>Drawline]] に引き渡されるオプション引数
-#3 : 左端点
-#4 : 右端点
-#5 : 左のはみ出し量(単位つき寸法)
-#6 : 右のはみ出し量(単位つき寸法)
--はみ出し量に負の値を与えれば,縮みます。
--このコマンドを実行した後~
  左にはみ出した点が \hidariT~
  右にはみ出した点が \migiT~
に定義されています。

 \iiiHamidasisenbun*[#1]<#2>#3#4#5#6
-はみ出し点を \hidariT, \migiT に定義するだけで,線分を描画しません。
*例 [#sd022dce]
**基本例 [#xfeec045]
 両端をいくらか延ばした線分を描画します。
 下の例では,線分MN の両端を20ptずつ延ばして描画しています。
#ref(iiiHamidasisenbun01.png)
**はみ出し量に負の値 [#l011ff7f]
 はみ出し量に負の値を与えると,縮みます。
 上の例で,線分MN を描画する際,線分CG との交点のところでギャップをつけてみます。
#ref(iiiHamidasisenbun02.png)
**複数の線分 [#yb1748c9]
 はみ出し量やオプションが一致する場合は,複数のはみ出し線分を\iiiHamidasisenbuns で一つに
 まとめることができます。
#ref(iiiHamidasisenbuns01.png)
**はみ出し点の保存 [#hidariT]
 \iiiHamidasisenbun を実行後,
   左にはみ出した点が \hidariT
   右にはみ出した点が \migiT
 に保存されていますが,直近のものだけです。
 複数の \iiiHamidasisenbun を実行して,端点を利用したい場合は
   hidariT=..
   migiT=..
 オプションで,右辺値に保存したい制御綴の \ を除いた部分を記述します。
 例えば,[hidariT=foo] とすれば,制御綴 \foo に \hidariT が保存されます。
#ref(hidariT01.png)
**はみ出し点に名札 [#hidariM]
 はみ出し点に名札を付けるには,オプション
   hidariM=..
   migiM=..
 を用います。
#ref(hidariM01.png)
*関連事項 [#be9cbf43]
-[[直線の描画]]
--[[\Hamidasisenbun>Hamidasisenbun]]
--[[座標空間>座標空間#iii]]
--[[座標空間>直線の描画#iii]]
---はみ出し量を線分の長さに対する比率で指定するには,[[\iiihamidasisenbun>iiihamidasisenbun]] を用います。
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS