&size(24){''jquote環境''};
 左右にインデントをつけるには,LaTeX に
   quote環境
 が用意されています。
 ただし,インデント量は固定で,右もインデントされます。
 emath パッケージでは,インデント量を変更するオプションをもった
   jquote環境
 を用意してあります。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#bf2f6e0c]
jquote.sty

*書式 [#fb603d64]
\begin{jquote}(#1)(#2)[#3]
-#1: 左インデント量(デフォルトは 2zw)
-#2: 右インデント量(デフォルトは 0pt)
-#3: 前後の段落との間隔(デフォルトは \topsep)
\begin{jquote}<#1>(#2)(#3)[#4]
-#1: key=val
-#2: [[左インデント量(デフォルトは 2zw)>#Lindent]]
-#3: [[右インデント量(デフォルトは 0pt)>#Rindent]]
-#4: [[前後の段落との間隔(デフォルトは \topsep)>#topsep]]
-#1 における有効なキーは
:[[vsep>#vsep]]| 
:[[tsep>#tsep]]| 
:[[bsep>#bsep]]| 

*例 [#b0724c79]
**基本例 [#r71d46fe]
 デフォルトは,jquote環境内では左から 2zw インデントされます。
#ref(jquote01.png)
-字下げされたブロックの左に縦罫線を引くには,[[rectbox環境の Lonly オプション>rectbox環境#Lonly]]を用います。
 字下げされたブロックの左に縦罫線を引くには,[[rectbox環境の Lonly オプション>rectbox環境#Lonly]]を用います。
#ref(rectbox01.png)
**左インデント量 [#Lindent]
 左インデント量は,デフォルトでは 2zw としてあります。
 左インデント量を変更するには,(左インデント量)オプションを用います。
#ref(jquote02.png)
**右インデント量 [#Rindent]
 右インデント量は,デフォルトでは 0pt としてあります。
 右インデント量を変更するには,(左インデント量)(右インデント量)オプションを用います。
 左インデント量をデフォルト値とする場合でも,(左インデント量)を明示する必要があります。
#ref(jquote03.png)
**前後の段落との間隔 [#topsep]
 jquote環境は,list系環境ですから,
 前後の段落とは,\topsep の空きが入ります。
#ref(topsep01.png)
 これを変更するオプションが [#4] です。 
#ref(topsep02.png)
-前・後の段落を別々に変更するには~
&aname(tsep);
前段落との間隔指定:<tsep=..> 
#ref(tsep01.png)
&aname(bsep);
後段落との間隔指定:<bsep=..> 
#ref(bsep01.png)
*注意事項 [#f2e0de39]
*関連事項 [#e324b945]
+[[EMchangeLRskip環境]]
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS