&size(24){''orikaesitabular環境''};
 横に長い表を折り返します。
#contents
#br

*定義されているスタイルファイル [#ne41fdde]
emathT.sty
orikaesitabular.sty

*書式 [#vf8ebfa4]
 \begin{orikaesitabular}<#1>#2
 .....
 \end{orikaesitabular}

#1: key=val の形式で,有効なキーは
:[[columnlcr>#columlcr]]| 列の左・中央・右揃えを指定します(最左の見出し列を除く)。
//:[[columnwidth>#retuhaba]]| 列の幅を均一にするとき,その幅を指定します。
:[[hrule>#hrule]]| 横罫線を引くかどうかを指定します。~
t : 上罫線を引く~
c : 行間横罫線を引く~
b : 下罫線を引く~
デフォルトは~
  hrule=tcb
:[[orikaesikankaku>#orikaesikankaku]]| 表の折り返し時に付加する縦間隔量を指定します。右辺値は単位付きの寸法です。
//:[[retuhaba>#retuhaba]]| columnwidth と同義のキーです。
//:[[rowstrut>#rowstrut]]| 行の高さ+深さを均一にするとき,その支柱を指定します。

#2: 表の一番左の列(見出し)をコンマ区切で与えます。

*例 [#aca1c6ef]
**出発点は [#g7c0c9c9]
 横に長い表は,版面を超え,紙幅を超えて右にはみ出します。
#ref(orikaesitbl01.png)

**基本例 [#rf20a1fc]
 この表を版面を超えないように折り返そう,というのが orikaesitabular環境です。
#ref(orikaesitbl02.png)
#ref(orikaesitbl02.tex,center,上のソースリスト)
**左上欄に斜線 [#wb40d46b]
 左上の欄に斜線を引いて,行・列見出しを付ける例です。
#ref(sya01.png,wrap)
#ref(sya01.tex,center,上のソースリスト)
**列幅指定 [#retuhaba]
 列の横幅を一定にしたい場面もあるでしょうか。
 そのためのオプションが
   <columnlcr=...>
 です。
 デフォルトは
   <columnlcr={r|}>
 となっています。右辺値は {.....} で括るという前提です。
#ref(columnlcr01.png)
#ref(columnlcr01.tex,center,上のソースリスト)
**縦間隔 [#orikaesikankaku]
 折り返した表の縦間隔を広げたいときは
   <orikaesikankaku=..>
 オプションを用います。右辺値は単位を伴う寸法です。
#ref(orikaesikankaku01.png)
#ref(orikaesikankaku01.tex,center,上のソースリスト)
*関連事項 [#zb5ed3aa]
-[[作表]]
RIGHT:&counter;

トップ   編集 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS