\dilutecolor
\dilutecolor*

色を薄めます。
 

定義されているスタイルファイル

emathPs.sty

  • ただし,color.sty も必要です。emathPs.sty に先立って color.sty をロードしておく必要があります。

書式

\dilutecolor#1#2#3
  • #1: 元の色名
  • #2: 薄める度合い (0〜1, 1 で元の色,0 で白)
  • #3: 薄めた色名
\dilutecolor*#1#2#3
  • 引数は \dilutecolor と同様ですが,\Fdilutecolor なる関数 f(x) を用意して
       薄める度合いを f(#2)
    とします。
\Fdilutecolor
  • 閉区間 [0,1] から [0,1] への関数(全射,単射でなくてよい)で,\YGraph などで用いる形式
    デフォルトは \def\Fdilutecolor{1-X} としてあります。

基本例

cyan を 約 1/3 に薄めた色を tmpcolor と名づけ,それを表示しています。
dilutecolor01.png
  • \dilutecolor を表に出さず,
      <nuriiro={<0.3>cyan}>
    とすることも出来ます。
    次の例は,領域内部を薄く,周を濃くする例です。
dilutecolor04.png

グラデーションもどき

薄める度合いを 0.1 刻みにしたグラデーションもどきです。
dilutecolor02.png

\Fdilutecolor & \dilutecolor*

薄める度合いを等差数列ではなく,指数関数的などとするためには
関数 \Fdilutecolor と \dilutecolor*コマンドを用います。
次の例は
    \def\Fdilutecolor{exp(-2*X)}
として,薄める度合いを指数関数的に減少させています。
dilutecolor03.png

Fdilutecolor いろいろ

dilutecolor10.png

注意事項

  • \dilutecolor は,emathPs.sty 内では,\EMdilutecolor というコマンド名です。
    \dilutecolor が他のスタイルファイルとバッティングした場合は \EMdilutecolor を使用して下さい。
  • 一時期,\EMreductcolor というコマンド名でしたが,改名しました。旧名称も使用可能です。

関連事項

3102

添付ファイル: filedilutecolor03.png 158件 [詳細] filedilutecolor02.png 141件 [詳細] filedilutecolor04.png 127件 [詳細] filedilutecolor01.png 125件 [詳細] filedilutecolor10.tex 296件 [詳細] filedilutecolor10.png 186件 [詳細] filedilutecolor03p.tex 257件 [詳細] filedilutecolor02p.tex 241件 [詳細] filedilutecolor01p.tex 235件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-08-10 (日) 16:54:53 (1715d)