\dosuubunpu

度数分布を求めます。
内部で \toukeiryou を呼び出しますから,perl との連携機能が必要です。
 

定義されているスタイルファイル

emathSt.sty

書式

\dosuubunpu(#1)<#2>#3

  • #1: key=val 形式
  • #2: \toukeiryou に引き継ぐオプション
  • #3: データ(csv 列)
    ただし,(#1) で (byfile) オプションを与えた場合は,データファイル名
  • #1 における有効な key
Afreq
度数分布を取得する配列名を指定します(デフォルトは Afreq)。
outputcsv
出力は配列ですが,csv も欲しい場合は,csv列を受け取る制御綴名を指定します。
showtable
度数分布表を表示します。
varmin
階級の最小値を指定します。
varsup
階級の上限値を指定します。
変量は,左閉半開区間 varmin ≦ 変量 < varsup にあるものとします。
varmax
階級の最大値を指定します。
変量は,閉区間 varmin ≦ 変量 ≦ varmax にあるものとします。
度数分布の階級は,左閉半開区間ですが,
孤立点:(変量=varmax)のみは単独の階級として扱われます。
varwidth
階級の幅を指定します。
varsup-varmin ( or varmax-varmin) は,varwidth で整除されるものとします。

以下のオプションは \toukeiryou に伝播します。

byfile
データをテキスト形式のファイルから入力します。
siryoumei
資料の識別名を指定します。

基本例

デフォルトでは,Afreq という配列に度数分布を返します。
(Afreq=...) として,右辺値に配列名を指定することも可能です。
dosuubunpu01.png

度数分布表(1)

上の例の結果を度数分布表で表示するには
  (showtable)
オプションを付けます。
showtable01.png

ファイル入力

資料をテキスト形式のデータファイルから入力するには,
  (byfile)
オプションを付けます。この場合,必須の引数 #3 はファイル名(拡張子を含む)となります。
byfile01.png
  • この例では,varmin などを指定していませんが,デフォルトでは
       varmin=0, varmax=100, varwidth=10
    としてあります。
    varsup ではなく,varmax を指定した場合は,varmax だけで独立した一つの階級を構成します。

度数分布表(2)

(showtable) オプションによる表に不満があるときは,
tabular 環境などを用いて自分で表を作成します。
その際,度数が配列 Afreq にあることを利用します。
dosuubunpu02.png

ヒストグラム

ヒストグラムを描画するには,\dosuubunpu で得られた配列 Afreq をもとに,
emathG.sty で定義されている \bouG 環境を用います。
histogram01.png

度数分布多角形

度数分布多角形の描画例です。
takakkei01.png

関連事項


添付ファイル: filetakakkei01p.tex 320件 [詳細] filetakakkei01.png 300件 [詳細] filehistogram01p.tex 391件 [詳細] filehistogram01.png 474件 [詳細] filesintyou.txt 493件 [詳細] filedosuubunpu02p.tex 405件 [詳細] filedosuubunpu02.png 440件 [詳細] filekokugo.txt 406件 [詳細] filebyfile01.png 394件 [詳細] fileshowtable01.png 414件 [詳細] filedosuubunpu01.png 429件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-02-11 (水) 12:53:45 (1655d)