fleqnon環境

局所的に,別行立て数式配置を左寄せにします。
 

定義されているスタイルファイル

emath.sty

書式

\begin{fleqnon}[#1]
  別行立て数式環境
\end{fleqnon}
  • #1: 版面左端からの字下げ量(単位付き長さ)デフォルトは \leftmargini

基本例

LaTeX のデフォルトでは,別行立て数式は中央寄せで配置されます。
左寄せで配置するには,\documentclass に [fleqn] オプションをつけますが,
文書全体は中央寄せで,一部を左寄せにしたい,という場合は
  fleqnon環境
を用います。
fleqnon1.png

関連事項

  • fleqnoff環境?
    1926

添付ファイル: filefleqnon1.png 371件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2009-02-24 (火) 17:22:52 (3946d)