\gandg

1点と傾きを指定した直線(2本)の交点を求めます。
 

定義されているスタイルファイル

emathPh.sty

書式

\gandg#1#2#3#4

  • #1: 点1
  • #2: 傾き1
  • #3: 点2
  • #4: 傾き2
  • #5: 交点を受け取る制御綴
    点 #1 を通り,傾き #2 の直線と
    点 #3 を通り,傾き #4 の直線との
    交点の座標を #5 の制御綴に返します。

基本例

点A(-2,2)を通り傾き -1 の直線と
点B(2,-1)を通り傾き 0.5 の直線との交点 P
を求める例です。
gandg01.png

入試問題から

2009 静岡大学file0042200907.tex0042200907fig.png

注意事項

関連事項


添付ファイル: file0042200907.tex 413件 [詳細] file0042200907fig.png 415件 [詳細] filegandg01.png 395件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2015-11-22 (日) 09:40:14 (1312d)