\getWHD

表などの
  横幅,高さ,深さ
を得るためのコマンドです。
 

定義されているスタイルファイル

emathLb.sty

書式

\getWHD#1#2
  • #1: 基準ラベル名
  • #2: 計測対象
    • 横幅を,基準ラベル名の先頭に`W'を附加したラベル名で
      高さを,基準ラベル名の先頭に`H'を附加したラベル名で
      深さを,基準ラベル名の先頭に`D'を附加したラベル名で
      縦幅を,基準ラベル名の先頭に`T'を附加したラベル名で
      補助ファイル(拡張子 .aux)に書き出します。
      更に,「計測対象」はタイプセットされます。
\getWHD*#1#2
  • 補助ファイル(拡張子 .aux)に書き出すだけで
    「計測対象」はタイプセットされません。

基本例

下の例は,表のサイズを,
  基準ラベル名を hoge として
\getWHD コマンドで計測しています。
その結果を参照するには,\ref コマンドを用います。
getWHD01.png
  • 相互参照機能を用いますから,複数回のタイプセットが必要です。
  • 参照は \ref を用いますが,それを
       \setlength{\foo}{\ref{Whoge}}
    とすることは出来ません。このような場面では,\ref ではなく,\dimenrefコマンドを用います。

関連事項

  1. \dimenref
    2059

添付ファイル: filegetWHD01.png 194件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2011-09-12 (月) 09:17:32 (2778d)