\iPDivMod

整数係数の整式の除法を行い,商と余りを求めます。
 

定義されているスタイルファイル

emathQf.sty

書式

\iPDivMod#1#2#3#4
  • #1,#2: 整数係数の整式
  • #3: (#1)を(#2)で割ったときの,商を受け取る制御綴
  • #4: (#1)を(#2)で割ったときの,余りを受け取る制御綴
\iPDivMod*#1#2#3#4
  • #1,#2: 有理数係数の整式
  • #3: (#1)を(#2)で割ったときの,商を受け取る制御綴
  • #4: (#1)を(#2)で割ったときの,余りを受け取る制御綴

基本例

整数係数整式A, Bの除法です。
iPDivMod01.png

有理数係数

整式の係数に分数が含まれる場合は,アスタリスク付コマンド
  \iPDivMod*
を用います。
iPDivMod02.png

注意事項

関連事項


添付ファイル: fileiPDivMod02.png 484件 [詳細] fileiPDivMod01.png 494件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-01-03 (火) 22:08:56 (2785d)