\inputcsvtbl

csv 形式のデータファイルを読み込んで表に仕立てます。
 

定義されているスタイルファイル

EMcsvtable.sty

書式

\inputcsvtbl#1
  • #1: ファイル名

基本例

tabular 環境の中に,csv形式のデータファイルを読み込む例です。
inputcsvtbl01.png
  • \begin{tabular}{....}\hline を記述します。
  • 見出し行を記述します。
  • \inputcsvtbl コマンドで csv ファイルを読み込みます。
  • \\ \hline を記述します。
  • \end{tabular}で終了です。
  • 上の例で読み込んだ csvファイル(sample01.csv)は:
    csvtbl01.png
    すなわち,表の1行が csvファイルの1行と対応します。
    また,改行コマンド \\, 罫線描画コマンド \hline は csvファイルには含めません。
  • tabular ではなく,array を用いることも可能です。

縦罫線

表の縦罫線は,tabular 環境の引数内の記述によります。

横罫線 --- \yokokeisen ---

表の横罫線については
  • 横罫線のうち,見出し行の上下および表の下端については,tabular 環境内の記述如何です。
  • 途中の横罫線は \yokokeisen コマンドに従います。デフォルトでは
       \def\yokokeisen{\\ \hline}
    となっていますから,すべての行に横罫線が引かれます。

罫線なし

\def\yokokeisen{\\} として,罫線なしの殺風景な表にしてみます。
yokokeisen00.png

一行おき

yokokeisen02.png
  • \inputcsvtbl では,出力した行数を \csvtblln に保存しています。
  • \yokokeisen コマンドは,各行の冒頭に実行されます。
    ただし,先頭行(上の例では,a1,a2,a3)は例外で \yokokeisen コマンドは実行されません(一回休み)。
  • 2行目(上の例では,b1,b2,b3)の冒頭では,\csvtblln=1 となっており,
       \ifodd\csvtblln
    は真となりますから,2行目の冒頭では \yokokeisen の実態は \\
    すなわち改行のみが行われ,1行目と2行目の間には罫線が引かれません。
  • 3行目(上の例では,c1,c2,c3)の冒頭では,\csvtblln=2 となっており,
       \ifodd\csvtblln
    は偽となりますから,2行目の冒頭では \yokokeisen の実態は \\ \hline
    すなわち,2行目と3行目の間には罫線が引かれます。

十行おき

十行おきに実線で,一行おきに破線で仕切る例です。
yokokeisen10.png
  • 破線の罫線を引くのに,arydshln.sty を利用しています。したがって
       \usepackage[arydshln]{emathT}
    としておく必要があります。

longtable

表環境として longtable を使うことも出来ます。

関連事項

  • csv 形式のファイルを表に仕立てるスタイルファイルの既製品に csvsimple.sty というものがあるようです。
    2299

添付ファイル: filelongtable01.lzh 180件 [詳細] fileyokokeisen10.png 226件 [詳細] fileyokokeisen02.png 221件 [詳細] fileyokokeisen00.png 212件 [詳細] filecsvtbl01.png 210件 [詳細] fileinputcsvtbl01.png 193件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2012-03-19 (月) 10:18:32 (2589d)