\pstouhenkigou

複数の線分に,長さが等しいことを表す記号を配置します。
\touhenkigou が文字を配置するのに対して,
\pstouhenkigou は記号(画像)を配置します。
 

定義されているスタイルファイル

emathPs.sty

書式

\pstouhenkigou<#1>#2

  • #1: key=val 形式で,有効なキーは
kigou
配置する記号を出力するコマンド名を指定します。
kigouopt
記号を出力するコマンドに対するオプションを指定します。
kosuu
一つの辺に配置する記号の個数を指定します。
linethickness
記号を描画する線の太さを指定します。
putpos
記号を配置する位置(デフォルトは 0.5 すなわち中点)
size
記号の大きさを指定します。
  • #2: 線分列(区切子は`;')

基本例

複数の線分の長さが等しいことを表す記号を配置します。
デフォルトでは,線分の中点に線分と垂直に交わる短い棒(\Drawline で描画)をつけます。
pstouhenkigou01.png

等辺記号の位置

等辺記号は線分の中点に配置されますが,これを変更するには
  <putpos=..>
オプションを用います。右辺のデフォルト値は 0.5 すなわち中点です。
putpos01.png
  • 右辺値をセミコロン区切り csv列とすれば,複数の等辺記号を配置できます。
    putpos02.png
    putpos03.png

記号のサイズ(1) 長さ

記号のサイズを変更するには, <size=..> オプションを用います。
デフォルトは,<size=3pt> となっており,辺の中心線と棒の先端との距離が 3pt, すなわち縦棒の長さは 6pt です。
size01.png

記号のサイズ(2) 太さ

記号を描画する線の太さを指定するには,<linethickness=..> オプションを用います。
linethickness01.png

記号の個数

一つの辺に複数の記号を配置するには,<kosuu=..> オプションを用います。
(右辺値は 1, 2, 3 のいずれかです)。
kosuu01.png

棒ではなく,記号を配置

デフォルトでは,記号として短い縦棒が出力されますが,これを変更するには <kigou=..> オプションを用います。
右辺値は記号を出力するコマンド(例えば,\pscirc, \pssquare, \pstriangle など)です。
kigou01.png
  • 記号を出力するコマンドには,*付きのものも使えます。
kigou02.png
  • 記号を出力するコマンドにオプションを付加したい場合は,<kigouopt=..> の右辺値に記述します。
kigouopt01.png

注意事項

  • \pstouhenkigou は pszahyou(*)環境においてのみ使用できるコマンドです。
    zahyou(*)環境では,\touhenkigou コマンドを用います。

関連事項

  • \pstouhenkigou は描画された記号を出力するのに対して,
    \touhenkigou は文字を出力します。こちらも pszahyou環境内で使用可能です。
touhenkigou01.png
2976

添付ファイル: fileputpos03.png 288件 [詳細] fileputpos02.png 285件 [詳細] fileputpos01.png 303件 [詳細] filetouhenkigou01.png 286件 [詳細] filekigouopt01.png 330件 [詳細] filekigou02.png 243件 [詳細] filekigou01.png 315件 [詳細] filekosuu01.png 331件 [詳細] filelinethickness01.png 294件 [詳細] filesize01.png 307件 [詳細] filepstouhenkigou01.png 309件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2014-12-29 (月) 09:34:22 (1640d)