\ransuu

\ransuuretu* (あるいは,\Iransuuretu*, \ransuuretu, \Iransuuretu)
で作成された乱数列から,1つの乱数を切り出します。
 

定義されているスタイルファイル

emathRn.sty

  • [perl]オプションが必須です。

書式

\ransuu#1

  • #1: 切り出した乱数を格納する制御綴

\ransuu(#1,#2)#3

  • (#1,#2): 区間
  • #3: 切り出した乱数を格納する制御綴

基本例

\ransuuretu で用意された乱数列から1つずつ乱数を切り出します。
ransuu02.png

問題の自動作成

  • 二次方程式などの問題を,乱数を発生させて作成する などということも可能ではありますが, 実際に生徒に与えるとなると,
    10問のうち
       初めの3題は整数解~
       次の3題は分数解~
       (この2種では,解を乱数で設定して係数を計算)~
       次の2題は実数解~
       残りが虚数解~
       (この2種は乱数で係数列を定める)~
    などときめ細かに作るのが望ましいでしょう。 (そのような一例をこちら に置きます。
    ransuu03.png
    file上のソースリスト

注意事項

  1. \ransuu は,あらかじめ \ransuuretu* などで乱数列を作成しておかねばなりません。 この手続きをしていない場合は,エラー:
      ! ransuu:ransuuretu( or Iransuuretu)で乱数列を取得しておかねばなりません.
    が発生します。
  2. 用意した乱数列を使い切った後,\ransuu を呼び出すと,エラー:
      ! ransuu:用意した乱数列を使い切りました.
    が発生します。

関連事項


添付ファイル: fileransuu03.tex 633件 [詳細] fileransuu03.png 359件 [詳細] fileransuu02.png 306件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-05-30 (木) 07:42:01 (2152d)