\ruizyoukon

a の n乗根 を表す記号で n の位置などを修正します。
 

定義されているスタイルファイル

emath.sty [2007/05/13]

書式

\ruizyoukon[#1]#2
  • #2 の #1乗根
\leftrootdefault#1
\uprootdefault#1

基本例

a の平方根は \sqrt{a} ですが,三乗根は \sqrt[3]{a} と表記します。一般に
ruizyoukon01.png

n を左に

n乗根の n を左に動かすには,amsmath.sty の \leftroot というコマンドを用います。
ruizyoukon02.png

n を上に

さらに上にもあげようというのが \uproot です。
ruizyoukon03.png

屋根の高さ

下の第1式,左辺では,a, b の高さが異なるため,2つの累乗根記号の高さが不揃いとなっています。
これを揃えるには,a の方に bと同じ高さの支柱 \vphantom{b} を補うことになります。→ 2行目の式
ruizyoukon04.png
  • さて,ここまでは emath とは無関係の話でした。
    ここから,emath の要らざるお節介が始まります。

\ruizyoukon

ややこしくなってきましたから,マクロ化したものを
  \ruizyoukon
としました。すなわち \sqrt に
  \leftroot{2}
  \uproot{1}
  \vphantom{b}
を組み込んでいます。
なお,[n]オプションをつけなければ平方根を表します。
(この場合は,\vphantom{b}のみが組み込まれます。)
ruizyoukon05.png

\leftroot 初期値の変更

n乗根の n をもっと左に寄せたい,ということなら
ruizyoukon06.png

\uproot 初期値の変更

上下動です。
ruizyoukon07.png

二重根号

下の図で,1行目左辺の二重根号において,
  外側の根号と内側の根号の間が空き過ぎ
というご意見があります。
対応法に外側の累乗根を
  \textstyle
とする方法があります。emath では
  \textstyle\ruizyoukon
の省略形
  \truizyoukon
を用意しています:2行目
ruizyoukon08.png

関連事項


添付ファイル: fileruizyoukon08.png 480件 [詳細] fileruizyoukon07.png 479件 [詳細] fileruizyoukon06.png 537件 [詳細] fileruizyoukon05.png 555件 [詳細] fileruizyoukon04.png 512件 [詳細] fileruizyoukon03.png 553件 [詳細] fileruizyoukon02.png 511件 [詳細] fileruizyoukon01.png 512件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-03-08 (金) 05:38:35 (2356d)