sanpuzu環境

散布図(相関図)を描画するための環境です。
 

定義されているスタイルファイル

emathG.sty
または
emathGps.sty

  • emathG.sty の場合は,zahyou*環境を用いますから,tpic-specials で描画されます。
    emathGps.sty の場合は,pszahyou*環境を用いますから,PostScript で描画されます。

書式

sanpuzu環境

zahyou*環境に対すると同じ引数を与えます。

基本例(軸目盛り)-- sanpuzu環境,\zikuMemori --

2つの変量 x, y の変域を与えます。
sanpuzu環境は,実質 zahyou*環境と同じです。
ただし,描画領域左下が (0,0) ではないことが多いでしょう。
目盛りを打つには
  \zikuMemori コマンド
を用います。引数は \zahyouMemori と同様です。
sanpuzu01.png

資料のマーク -- \Putmarks --

資料の点を打つには
  \Putmarks コマンド
を用います。引数には,\Drawline と同様に
  点を列記
します。
なお,グリッド線を引くには \zahyouMemori[g] は使えず
\multido で引っ張ります。
sanpuzu02.png

資料のマーク変更

マーク記号は,デフォルトでは $\bullet$ となっていますが,
これを変更するには
  \Putmarks[マーク記号]{......}
オプションをつけます。
sanpuzu03.png

縦横単位長の変更

縦と横の単位長を不揃いにするには
  xscale=..,yscale=..
オプションを用います。
sanpuzu04.png

資料データを別ファイルから取り込み(1)

データを別ファイルにしておいて,それを取り込むには
  1) \EMinputdatafile{ファイル名}{受領制御綴} として,点列をいったん制御綴に取得した後
  2) それを \Putmarks に与えます。
inputdatafile01.png
  • データファイルは複数行でも可ですが,取り込んだ状態はそれらが連結されています。

資料データを別ファイルから取り込み(2)

上の方法では,2つのステップをたどりますが,\Putmarks に
  <byfile>
オプションを付加して,1ステップで済ませることもできます。
この場合,\Putmarks の必須引数はデータファイル名となります。
inputdatafile02.png
  • 取り込むファイルの形式は,点列
      (x1,y1)(x2,y2).....(xn,yn) (途中の改行は無視してつなげる)
    ですが,ファイルの拡張子が csv の場合は例外で
      x1,y1
      x2,y2
      .....
      xn,yn
    となります。
    すなわち,1行に1点ずつで,座標記号の両端括弧はつけません。
    inputcsv02.png

入試問題から

2010 センターfile0000201011.tex0000201011fig.png

関連事項


添付ファイル: filesample.csv 298件 [詳細] fileinputcsv02p.tex 302件 [詳細] fileinputcsv02.png 337件 [詳細] fileinputdatafile02p.tex 347件 [詳細] filesample.dat 422件 [詳細] fileinputdatafile01p.tex 360件 [詳細] fileinputdatafile02.png 315件 [詳細] fileinputdatafile01.png 368件 [詳細] file0000201011.tex 1045件 [詳細] file0000201011fig.png 395件 [詳細] filesanpuzu04.png 567件 [詳細] filesanpuzu03.png 527件 [詳細] filesanpuzu02.png 625件 [詳細] filesanpuzu01.png 606件 [詳細]

トップ   編集 凍結 差分 バックアップ 添付 複製 名前変更 リロード   新規 一覧 単語検索 最終更新   ヘルプ   最終更新のRSS
Last-modified: 2013-05-06 (月) 08:50:07 (2176d)